READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい

北村記世実(パレスチナ・アマル)

北村記世実(パレスチナ・アマル)

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい

支援総額

986,000

目標金額 870,000円

支援者
90人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

終了報告を読む


22お気に入り登録22人がお気に入りしています
2015年02月09日 21:05

NPOミラツクのダイアログBARに参加しました!

みなさん、こんばんは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

今日は念願叶って、ずっとお会いしたかった方と初体面を果たしました。

それは、NPO法人ミラツク代表の西村勇哉さんです!

 

 

西村さんは以前READYFOR?にて【京都から100人のユースリーダーのプロジェクトが未来をつくる!「ミラツク京都」】というプロジェクトを成立させた方です。

 

西村さんには、クラウドファンディングへの挑戦を開始する前から色々相談にのって頂いておりました。ようやくごあいさつができて、なんだかホッといたしました。

 

今日は、西村さんが講師をされるコミュニティ・ビジネスセミナーに参加し、ダイアログBARを体験しました。対話によって課題の解決を図ろうというもので、私は目下の大問題「クラウドファンディングを成功させるには」ということを課題として挙げました。

 

 

25分づつ2回。計6名の方々が課題解決のために色んな助言を下さいました。

 

こんなに親身になって御意見を下さるなんて、とてもありがたかったし心強かったです。ヒントどころか、いくつも具体的な提案を頂いて、本当に有意義な経験をさせて頂きました。

 

一人で悩んでいても、考えていても、やはりそれは有限で、ともすれば解決策を見いだせず袋小路にはまってしまったり、落ち込んだりしてしまいます。だけど、他の方の協力を得られれば、ひらめきをもらったり、たくさんの可能性を広げることができるのだ、と思いました。

 

このプロジェクトに関してもそうです。立ち上げたときは私ひとりのものでしたが、現在56名のサポーターの方々から御支援頂いております。はじめた時は途方もなく長い道程で、とてもたどり着く自信がなかったのですが、今はそうではありません。それは、56名の仲間を得ることができたからです。必ず達成できると信じています。

 

さて、パレスチナに唯一残る織物工場を守るためのこのプロジェクト、まずは多くの方に知って頂ければと思いますので、このページ内の「いいね」ボタンやシェアのご協力をよろしくお願いいたします。いつもご支援・ご協力を頂きまして、ありがとうございます!

 

パレスチナ・アマル

オンラインストア 

フェイスブックページ 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

■みなさまからのご支援で完成させるブランドブック(非売品。A5サイズ・約16ページを予定)
■現地の写真家が撮影した写真で作るサンクスカード
■アマル通信(報告書)

支援者
52人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて、
■現地の女性たちが作ったパレスチナ刺繍の小物製品
*色やデザインはこちらで選ばさせて頂きます。お楽しみに。

支援者
26人
在庫数
74

20,000

3,000円の引換券に加えて、
■パレスチナ写真集「PALESTINE -CHILDREN OF BIL'IN-」
*流通などの問題により、他のパレスチナにちなんだ本になることもございます。予めご了承下さいませ。

支援者
2人
在庫数
8

30,000

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
*色柄はこちらで選ばさせていただきます。お楽しみに。

支援者
10人
在庫数
20

50,000

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
2人
在庫数
13

100,000

3,000円の引換券に加えて、
■白×黒のパレスチナオリジナル「ラスト・カフィーヤ」1枚
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする