READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい

北村記世実(パレスチナ・アマル)

北村記世実(パレスチナ・アマル)

パレスチナに唯一残る工場で紡がれる最後の織物の物語を伝えたい
支援総額
986,000

目標 870,000円

支援者
90人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

終了報告を読む


22お気に入り登録22人がお気に入りしています
2015年03月19日 14:46

クラウドファンディング最終日です

みなさん、こんにちは。パレスチナ・アマルの北村です。

 

ついにクラウドファンディング、最終日を迎えました。残り9時間を切っています。これまで、達成率「110%」・「97人」のサポーターのみなさまから、「957,000円」のご支援をいただいております。みなさま、本当にありがとうございます。

 

先ほど、書留にて以前ラスト・カフィーヤをご購入下さったお客様からご支援が送られてきました。あたたかいお手紙も添えられており、とても感激してつい涙ぐんでしまいました。

 

 

その時、頭に強く浮かんだ「言葉」があります。それは、私がそっと胸の内で大切にしているもの。アッシジ・聖フランシスコの「平和の祈り」です。

 

主よ、私をあなたの平和の道具として
お使いください
憎しみのあるところに 愛を
いさかいのあるところに ゆるしを
分裂のあるところに 一致を
疑惑のあるところに 信仰を
誤っているところに 真理を
絶望のあるところに 希望を
闇のあるところに 光を
悲しみのあるところに 喜びを
もたらすものとしてください
慰められるよりは 慰めることを
理解されるよりは 理解することを
愛されるよりは 愛することを
わたしが、求めますように
私たちは与えるから受け
ゆるすから ゆるされ
自分を捨てて死に、永遠の命を
いただくのですから

 

 

私のような小さきものに、このように大勢の方からご支援をいただき、本当に感謝でしかありません。このクラウドファンディングへの挑戦の中で、私自身、大きく成長させていただきました。

 

「平和の道具」となりえますように。祈りを捧げながら、プロジェクト成立までの時を待ちたいと思います。

 

最後まで応援頂ければ幸いです。みなさま、本当にありがとうございます!

一覧に戻る

リターン

3,000

■みなさまからのご支援で完成させるブランドブック(非売品。A5サイズ・約16ページを予定)
■現地の写真家が撮影した写真で作るサンクスカード
■アマル通信(報告書)

支援者
52人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて、
■現地の女性たちが作ったパレスチナ刺繍の小物製品
*色やデザインはこちらで選ばさせて頂きます。お楽しみに。

支援者
26人
在庫数
74

20,000

3,000円の引換券に加えて、
■パレスチナ写真集「PALESTINE -CHILDREN OF BIL'IN-」
*流通などの問題により、他のパレスチナにちなんだ本になることもございます。予めご了承下さいませ。

支援者
2人
在庫数
8

30,000

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
*色柄はこちらで選ばさせていただきます。お楽しみに。

支援者
10人
在庫数
20

50,000

3,000円の引換券に加えて、
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
2人
在庫数
13

100,000

3,000円の引換券に加えて、
■白×黒のパレスチナオリジナル「ラスト・カフィーヤ」1枚
■カラーの「ラスト・カフィーヤ」1枚
色柄についてはプロジェクト成立後メールにてご相談させてください

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする