3日前にご協力頂いている動物病院から緊急を要する連絡をもらいました。

 

それは、宮城県南部のところで約60匹の飼育崩壊が発覚いたしました。

この案件の詳細は以下の通りです。

ネコは全部で60匹・飼い主は68歳で年金生活、何より最大の難点は

3月31日で退去勧告を受けたとか...余裕のない日数です。

飼い主の次の生活場所とネコの移動先はあるといっているとの事だが

まだ、確実にこの案件に対応するか決めていないために確認と本人への

接触は控えています。

ネコの年齢は2~5歳が中心で15歳のネコも数匹いるとのことです。

当初、60匹と大きな現場なので有力なほご団体が入ってきて、他の現場が

あるから人手不足かなとしか思っていませんでしたが、今日確認したら

有力な保護団体は今思っていた以上に他の多頭崩壊現場に費やしていて

病院の先生もお願いすることをためらう位と言うことは、想像したくない

状態なのでしょう、その上この60匹...との事です。

 

今わかっている現状です。しかし、自分の小規模な活動者に連絡くるとは。

 

現状で病院の先生には即答できませんでした、普通出来ないです、でも

このまま放置した場合は、もっと凄い状態へと増えて行き、飼い主も

ネコ達もつらい現実しかないどうしたらこの現場を対応出来るのか

1週間の猶予というよりこの間は別の対応中もあり1週間まってもらいました。

 

さて、他の協力要請・相談はしているので残るは、このプロジェクトを

活用するしかないと感じます。

内容からして大雑把に予算通常なら100万円は必要でしょうとおもいますが

さてどれ位医療費を値引いて貰えるかこの件は先生も利益は考えないでいる

ようですが、一度に60匹は無理のようです。

でもその他の必要備品を考えると目標は100万円と思います。

それと、このプロジェクトの終了日が3月24日、ここで達成していることを

確認してから動いては遅いです。

早めに目標達成すれば、見切り開始で早く行動も可能かと思います。

これは、目標を達成したらの話です、未達成は60匹は...言いたくないので

個々の想像に任せます。

 

どうか、早期に達成出来る様また現在の目標金額の倍の費用が必要ですので

ご寄付のご協力と広域に拡散をお願い申し上げます。

今は飼い主の事は後回しです、苦情などの時間よりこのネコ達の幸せにする

行為に時間をください、微力な自分が始めての大きな対応ハッキリ言って

怖いです、この後どうなるのかわかりません不安です。

見てみぬふりして逃げたいのが本心ですが、最終的に決心する力・勇気を

自分にお貸しくださいそうすればこの現場は自分ひとりで対応しているので

は無い、皆で協力して達成した現場となります。

どうかご協力をお願い致します。

新着情報一覧へ