READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

画期的システム!『発熱検査センター』の輪を広げる第一歩にご参加を!

画期的システム!『発熱検査センター』の輪を広げる第一歩にご参加を!

支援総額

5,466,000

目標金額 10,000,000円

支援者
215人
募集終了日
2021年2月26日
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録
18人がお気に入りしています

18お気に入り登録
18人がお気に入りしています
2021年02月17日 18:30

【医療現場の声(前編)】並木病院・赤津院長にインタビュー

こんにちは。安全JAPANプロジェクトチームです。

いつも応援いただきありがとうございます!

 

 今回「発熱検査センター」設置・運用のご協力を頂戴している並木病院(埼玉県所沢市)の赤津拓彦院長に、オンラインにて取材をさせていただきました。

 新型コロナウィルス感染拡大の本格化以降の医療現場の状況、「発熱検査センター」導入による影響など、幅広くお話を伺うことができました。インタビュー記事を前後編の2回に分けて掲載しますので、是非ご一読下さい。

 

並木病院 赤津拓彦院長

 

 

 

―この度はお忙しい中、御時間をいただきありがとうございます。昨年以降、医療現場では大変な御苦労をされているかと存じます。新型コロナウィルス感染拡大に伴う、医療現場の変化等状況について、まずはお聞かせ願えますか。―

 

 昨年4月の時点では、当院は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の対応医療機関には該当せず、対象患者様が来られた場合は指定の医療機関に受け入れを要請するという位置付けでした。ですが、当時はPCR検査体制も十分でない中、COVID-19の陽性と診断されない限りは指定の医療機関には受け入れてもらえない状況でした。

 こうした背景から、緊急的な対応として当院にてCOVID-19疑い患者様を受け入れ、当時使用していなかった部屋を専用病室として活用しました。実際に受け入れると、COVID-19疑い患者様の処置にあたっては、その都度防護具を着替える必要があるなど、人材や資材の面で十分な準備が必要不可欠と強く感じました。

 

 

―そうした中で、「発熱検査センター」と銘打った高機能コンテナを昨年12月より病院敷地内に設置をさせていただいております。どのような影響がありましたでしょうか。今回の高機能コンテナは「高い居住性」や「用途の柔軟性」が大きな特長として挙げられていますが。―

 

「発熱検査センター」を設置する前までは、お電話後に来院いただき、車の場合は車で待機、車以外の方は外のベンチで待機をしていました。ひどく具合が悪い方は、病室として使用していなかった奥の部屋で待機していただいていました。ですので、今回の「発熱検査センター」は、徒歩や自転車で来院した発熱患者の待機場所として、病院の動線を分けるのにとても役立っています。

 実際に活用して実感した大きな利点として、コンテナ内を陰圧環境にしていること、空調設備がついていることが挙げられます。特に今寒い時期ですので、空調があることは役立っています。また、可動式のパーテーションというのも便利だと思っています。空調と陰圧があるため、現状「検査」や「待合室」として使用している場所を、必要に応じ(患者様が入院滞在できる)病室としても使うことも可能と考えています。

 

 

―PCR検査実施に関しては、ドライブスルーや専用テント設置等様々な形式が見られますが、今回の高機能コンテナの利点はなんでしょうか。―

 

そうですね。やはり、構造がしっかりしていること、堅ろう性、居住性に優れていることと思います。一方、内装の取り外しが可能であり、固定した運用にこだわる必要がないことも大きな利点だと思います。ある意味、何にでも使える便利な箱であると思います。この地域では、タクシーを利用して来院される患者の方も多くいらっしゃいます。当院ではなく、他の医療機関様から伺った話ですが、発熱患者の方がタクシーにてPCR検査の会場に向かったところ、運転手の方とトラブルが生じた、という例もあったそうです。勿論、本来はタクシーで来てはいけないのですが、高機能コンテナ内に待合室がある「発熱検査センター」であれば、車で来た場合でもPCRや抗原検査の時間が短縮された現在では、検査結果判明まで待合室でお待ちになることも可能で、車の同乗者の安心度もアップすると思います。

 

 

 

 インタビュー記事後編は別記事にて、2月18日に公開予定です。どうぞお楽しみに!

 

担当者手記#2~クラウドファンディングという新たな試みを通じて~【医療現場の声(後編)】並木病院・赤津院長にインタビュー
一覧に戻る

リターン

3,000

活動報告書

活動報告書

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)

支援者
90人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

5,000

「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」1冊

「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」1冊

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
46人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

10,000

お名前掲載(小)

お名前掲載(小)

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(小)

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」
(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
55人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

30,000

お名前掲載(小)

お名前掲載(小)

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(小)

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

50,000

お名前掲載(小)

お名前掲載(小)

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(小)

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

100,000

お名前掲載(中)+  会長寺島より直筆お礼のお手紙

お名前掲載(中)+ 会長寺島より直筆お礼のお手紙

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(中)
・会長の寺島より、直筆のお礼のお手紙をお届けします。

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

300,000

お名前掲載(中)+  会長寺島より直筆お礼のお手紙

お名前掲載(中)+ 会長寺島より直筆お礼のお手紙

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(中)
・会長の寺島より、直筆のお礼のお手紙をお届けします。

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

500,000

お名前掲載(大)+  会長寺島より直筆お礼のお手紙

お名前掲載(大)+ 会長寺島より直筆お礼のお手紙

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(大)
・会長の寺島より、直筆のお礼のお手紙をお届けします。

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月

1,000,000

お名前掲載(大)+  会長寺島より直筆お礼のお手紙

お名前掲載(大)+ 会長寺島より直筆お礼のお手紙

・当財団ホームページにご支援者様のお名前掲載(大)
・会長の寺島より、直筆のお礼のお手紙をお届けします。

ーー

・お礼のメール
・活動報告書(PDF)
・「全47都道府県幸福度ランキング 2020年版」(全305頁・税込価格3,960円)1冊
(自治体・メディアによる引用多数、コロナ以後にも役立つデータ集)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年4月
プロジェクトの相談をする