改めてYouTubeなどに投稿されている動画を観てみると、

まるでパニック映画のようで、これが現実だったと思うと、

あの大災害はけっして忘れてはならないものだと思います。

 

私たちは被災地のインフラ整備に行けるわけではありませんが、

子どもたちに生の舞台を届けて笑顔にすることはできます。

 

自分たちのできることを、できる範囲で長く続けていく・・・

それが大切なんですね。

 

それからもう一つ大切なのは現地をよく理解すること。

被災地の芸能に触れることは、そのための近道だと思います。

 

 

今回は、岩手県立花巻農業高校の皆さんが伝統芸能である「鹿踊り」を披露してくれます。どうぞお楽しみに・・・

 

支援対策室:清水

 

 

 

 

合同公演「今また、青い鳥を求めて」のスタッフ・キャストのみなさん。

 

新着情報一覧へ