29日の合同公演「今、また青い鳥を求めて」は当団体を構成する子どもの芸術に関わる6団体から表現者が集いました。先日の稽古では、みんなで意見を出しあった舞台美術のまとめの段階に入りました。

 

 

 

  1枚目左が今回美術を担当して下さる田坂さん(人形劇団ひとみ座)右端が演出、長谷さん(人形劇団プーク)

 

  そして、美術の助っ人に「作り物します!!アイデアも出します!」と名乗り出てくれたコダマリちゃんとばるちゃん。この二人が生き生きと話し出すと稽古場内の全員から歓声が!!

 

  これは何か?は秘密ですが(笑)

 


 こうやって、舞台の表には立たないけれど力を寄せてくれる。
出演の役者さんもそうですが、今回の裏方チームも皆さん、ご自分の劇団の仕事を調整したり、お休みの日を使って参加しています。

 

 

  お二人のように、稽古が始まってから駆けつけてくれた方はチラシにお名前が載っていないのですが、

 

  そういうことじゃない・・
いい作品を作りたい。という一点でつながっているそんな稽古場です。

助っ人はまだこれから増えるかも!?知れません。我こそはという方ぜひ!!
そして、何より・・この表現者たちが生み出す「合同」公演を見届けに当日は会場にお運びください!!

新着情報一覧へ