READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

医療AIの発展を加速するためのWebサービスを提供したい!

医療AIの発展を加速するためのWebサービスを提供したい!

支援総額

1,341,000

目標金額 490,000円

支援者
76人
募集終了日
2020年12月24日
76人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

達成のお礼とネクストゴールについて


この度は皆様の温かいご支援のおかげで、なんと公開から1日間というスピードで目標の49万円を達成することができました!本当にありがとうございます!


想像以上のスピードで支援の輪が広がっており、感謝しきれません。チームも掲げているビジョンに向かってより一層やる気が高まっており、開発や議論が進んでおります!
 

多職種が共に議論、学習、連携を効率的に行なっていけるような環境を構築し、提供していきたいと思います。本当にありがとうございます!
 

残りの1か月弱で当初から目標としていた150万円をネクストゴールにしたいと思います。追加資金はサービスの法的ケア(50万円〜)、ハード機材・他計算資源(40万円〜)、広報・交流費(10万円〜)に使用します。
 

サービスを円滑にアップデートし続け、コミュニティの輪を広げ、皆さんが安心して使っていただけるようにしたいです。

 

「Apollon(アポロン)」プロジェクトメンバー一同

 


情報と人を育み、その流れを活性化し、医療AIの成長を加速する

 

「病気を自動的に診断してくれるAI」

「適切な治療法を提示してくれるAI」

「大量の論文を分析して新薬の提案をしてくれるAI」等

 

医療分野におけるAIの活用への期待は年々高まり続けています。

 

AIを活用することにより、正確で効率的な医療が実現できる、と。

 

コロナの影響もあり今まで以上に期待の高まる今、医療AIの成長を加速すべきターニングポイントに差し掛かってきていると感じています。

 

私たちのプロジェクト「Apollon(アポロン)」は、より良い医療の実現にむけた医療AI全体の発展を加速することを目的として2020年6月に立ち上がりました。

 

医療AIの情報収集・体験・学習または議論を一貫して行うことのできるWebサービスを提供します。

 

今回のクラウドファンディングではサービス公開から1年間の開発・運営・法律のケアに必要な費用を募集したいと思います。

 

より良い医療の未来、新たな学習・研究の形を皆様と共に生み出していきたいと考えています。

 

応援どうぞよろしくお願いします!

 

「Apollon(アポロン)」プロジェクトメンバー一同

 

自己紹介(プロジェクトメンバー)

 

初めまして、このプロジェクトを立ち上げた東京医科歯科大学の医学部医学科5年の原田大輝です。

 

 

今から2年前ほど前によりAIやプログラミングに大きな可能性を感じ、独学で学び続けてきました。

同級生と一緒に勉強会を開いたり、4年時には実際に医学とIT絡んだ研究をしたいと思い、留学の際に神経のシミュレーションの研究にも関りました。

 

現在は学内の医療IT・数学同好会 T/T(ティーパーティー)の創立メンバーとして医療×ITの分野で活動しており、特に医療AIの実際の社会への応用に強い興味を抱いてます。

 

このプロジェクトには他にも医療IT企業でインターンをしたり、Web開発・競技プログラミング・医療統計・バイオインフォマティクスなどの領域で精力的に活動をしているティーパーティーのメンバー達や、理研で医療AIの基礎研究をしている東京大学の医学生など多様なメンバーが参画しています。
 

エンジニアや医療者の垣根を超えたオープンサイエンスの視点で、医療AIの発展・普及・導入を促進したいという想い、「医療AIと言えばここ!」と認知されるような場所を作りたいという想いを持ち、既存の枠にとらわれない大きな視野と好奇心を持ち、日々活動しています。

 

<<メンバー紹介>>

稗田直也/東京医科歯科大学

「今回のプロジェクトに対する想い:みな自分の専門分野だけに集中してしまいがちだが、医療×AIの分野をみんなが理解しやすく興味を持てる場所を作りたい」

 

村越和輝/順天堂大学

「将来の日本、世界の医療システムを変容していくために不可欠な医療AIをより多くの医療系学生、医療従事者が学んでいける環境を作りたい」

 

宮城禎弥/東京医科歯科大学

「医療AIと言えばここを見ればいいという便利な場所を作りたい」

 

土橋浩紀東京医科歯科大学
「医療をより効率的なものにしたい」

 

山内雄二/東京医科歯科大学
「医療従事者のAIに対する心理的ハードルを下げて、医療とAIの新たな相互作用が生まれる場を作りたい」

 

松山昌平/東京医科歯科大学

「より高精度かつ効率的な医療を実現するため、医療AIを現場に普及させる手助けをしたい」

 

福地清康/東京大学
「医療現場のIT化と効率化の一助となるようなサービスを作りたいです」

 

 

Apollon制作への道のり~学校のような多方面から頼れるシステムの構築を~

 

医療AIは現在一部の研究室や企業によって開発・研究がなされていますが、そのノウハウや用いられたデータは散在していたり、オープンでなかったり、アクセスがしづらい状況にあります。
 

そこで、医療AIに関するそのような情報を一本化して整理し、共有できるシステムを作れば、自由に効率的に研究・開発・学習に役立てることができ、飛躍的に医療AIの開発は進んでいくのではと考えました。
 

私たちが考えるこのシステムのイメージは「学校」です。

 

学校には図書館もあれば、研究室も、あります。そこでは、情報の共有だけではなく、頼れる教材や、実際に体験して興味がもてる機会や、議論の場もあるでしょう。私たちが目指すのはまさに、そんな学校のようなシステムの構築です。
 

「情報と人を育み、その流れを活性化する」サービス。

しかも誰でもどこからでもアクセス可能な高い、アクセサビリティ。
 

これが実現できれば、現在、医療AIに関心を持ちながらも、思うように情報を集めたり議論の場を持ったりすることができずにいる学生や医師、研究者などの環境は飛躍的に向上する、非常に有用なプラットフォームになると考えます。

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ~医療AI分野の発展の加速のために~


AIは様々な領域において強力な効果が期待されています。
 

特にこのコロナ禍において、医療におけるデジタル化の必要性・AIへの期待は今まで以上に高まっています。例えば、CT・MRI・顕微鏡などを使った画像診断では人による精度のばらつきや時間のコストが課題になっていますし、新薬開発などの研究では大量に蓄積している論文やその他生物学的なデータを最大限に活かしきれていないという課題があります。
 

そこでAIを活用することで、そのようなタスクをより高精度に自動化することで、より正確で効率的な医療が実現されると期待されているのです。
 

しかし、私自身医療AIの独学をしたり、周りの医者・医学生・研究者と話したりする中で、医療AIの発展を遅らせている以下の3つの問題が現状、存在することに気がつきました。

 

 

①情報が散らばっている:
論文や公開されている医療のデータセットなど医療AIの関連情報がまとまっていない。現状で医療AIに焦点を当てた情報をまとめてあるWebサービスがない。

 

②学習・研究環境が分断されている:
年数回の学会やカンファレンスでようやく他の研究者と交流する、周りの様子がわからず一人で勉強を進めるしかない、同じ論文を違う研究室で何回も読み合う、などオンライン・デジタルの利点である「いつでも・どこでも・誰とでも」を学習・研究にフル活用できていない。集合知も実現されていない。

 

③臨床とのギャップ・高い敷居:
医療従事者側にとって敷居が高い。なんだか難しそう、実際にどんなことができるのかわからない、勉強もどこからどうやって始めればいいかわからない。

 

せっかく医療の現場を変革していくポテンシャルが高く、期待も高いのに、その活用のための土台ができていないのではもったいない。

 

これらの問題を解決し、もっと多くの医療者や研究者が関わり医療AIの発展を加速させられるような土壌を作っていきたいと考え、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

「Apollon(アポロン)」プロジェクトメンバー

 

 

プロジェクトの内容

 

これら3つの問題を解決し医療AIの発展を加速するために必要なことをメンバーで意見を出し合い、Apollonは以下の機能をまとめたWebプラットフォームとして提供することを考えています。

 

1.ユースケースに沿ったスマートで多様な検索機能

2.気に入った情報を統一されたフォーマットで追加共有し、他のユーザーも編集できる機能(Wikipedia風)

3.サイト内にある論文や公開医療データセットなどの各コンテンツおよび、より一般的なトピックに関して、世界中のユーザーと共に議論できる機能

4.最先端の論文のアルゴリズム(画像診断や疾患リスク予測など)による医療データの解析を体験できる機能

5.初学者から研究者までのレベルに沿った学習コンテンツ・記事

 

これらの環境が整うことで、医療AIに関する知見を得るチャンスが多くの人にとって、飛躍的に得られるようになるでしょう。そして、そのことはこの分野の今後の発展をますます加速させることになると考えています。

 

 

資金調達について

 

開発は順調に進んでおり、今回のクラウドファンディングではサービス公開後にかかるサーバー・ドメイン・API、商標登録、開発リソース・計算資源にかかる費用の1年分、そしてクラウドファンディング手数料を集めたいと考えています。

 

初期ユーザー・サポーターとして、利用してみたい方など、こういった情報を必要としている方とつながりたいと、クラウドファンディングへの挑戦を決断しました。

 

最初のクローズドな環境でのベータ版または一般公開後プロダクトの効果検証・開発・運営といった、夢の最初の一歩という段階です。
 

ここを成功させ、一気にプロジェクトを加速していきたいと考えています。ぜひ、応援よろしくお願いします。

 

 

最後に

 

誰でも自由に、しかも効率的に学習・研究・議論ができるようになることで医療AIという大きな飛躍が期待される分野の発展は加速され、より正確で効率的な医療の実現も近づきます。

 

それは、もう少し突き詰めて言えば、患者・医療者双方にとって最適な時間配分が可能になることでもあります。画像診断・情報処理などこれまで人の手では時間がかかっていたことなどが格段に速く進むようになるでしょう。


さらに、今回Apollonがうまく稼働できれば、医療AIに限らず、ほかの分野でも、このようなシステムが構築されていくことが期待できます。
 

私たちは、Apollonを使うことで以下のような効果が上がることを見込んでいます。

  • 網羅的で質の高い医療AIの知識のアップデートを効率よく行える。
  • 論文に関する議論の中身・流れが透明化・共有される。
  • 医療側からAIエンジニアへの質問・提案、またはその逆も可能になる。
  • 論文の再現がアプリによってなされるのでその論文の信頼度・再現可能性について提示できる
  • 論文のアルゴリズムを実際に動かすことで実際の効果・仕組みを理解できる。感動・興味を抱く。
  • レベル別学習コンテンツを使うことで、医療AIへの入り口からその後までスムーズに学習できる。

私たちチームの提供するコンテンツに加えて、ユーザーが主体となってコンテンツを追加・編集し、さらにそれらに関する議論を行う、というまさに一つの学校のようなシステムによって、医療用AIに関わる人たちの集合知がさらに加速し、今後の発展に寄与していくことは間違いありません。

人手不足や、長時間労働などに医療現場にも問題は山積しています。

 

テクノロジーと医療の融合は、そんな問題を解決していくための一つのセーフティネットになるのではないかと思っています。

 

より正確で効率的な医療をつくっていくために。

みなさまのお力が必要です。応援どうぞよろしくお願いします!

 


※2021年12月24日までApollon代表原田大輝がApollonのサービスを運営したことを以ってプロジェクト終了とする。

※本プロジェクトのリターンのうち、【お名前の掲載】に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

原田 大輝 Apollon代表

原田 大輝 Apollon代表

Apollon代表・東京医科歯科大学医学部医学科5年

リターン

1,000

alt

【学生限定】Apollon応援!1,000円コース

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

5,000

Apollon応援!5,000円コース(お名前掲載:小)

Apollon応援!5,000円コース(お名前掲載:小)

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権
・Apollonサポーターページにお名前掲載(希望なしも可)
ご希望のお名前を掲載致します(大きさ:小)

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

10,000

Apollon応援!10,000円コース(お名前掲載:中)

Apollon応援!10,000円コース(お名前掲載:中)

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権
・Apollonサポーターページにお名前掲載(希望なしも可)
ご希望のお名前を掲載致します(大きさ:中)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

50,000

Apollon応援!50,000円コース(お名前掲載:大)

Apollon応援!50,000円コース(お名前掲載:大)

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権
・Apollonサポーターページにお名前掲載(希望なしも可)
ご希望のお名前を掲載致します(大きさ:大)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

100,000

【企業・法人様向け】HPに広告バナー掲載3ヶ月(希望なしも可)

【企業・法人様向け】HPに広告バナー掲載3ヶ月(希望なしも可)

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権
・【企業・法人様向け】サービスの学習コンテンツページに広告バナー掲載3ヶ月(希望なしも可)
※掲載期間:発行から3ヶ月
※掲載企業様については医療関連に限ります。
※要相談

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

500,000

【企業・法人様向け】HPに広告バナー掲載半年(希望なしも可)

【企業・法人様向け】HPに広告バナー掲載半年(希望なしも可)

・お礼のメール
・Apollonのβ版を先行利用
限定公開期間中(2021年3月末まで)に使用可能。
・開発進捗についてのブログへのアクセス権
・【企業・法人様向け】サービスの学習コンテンツページに広告バナー半年(希望なしも可)
※掲載期間:発行から半年
※掲載企業様については医療関連に限ります。
※要相談

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月

プロフィール

Apollon代表・東京医科歯科大学医学部医学科5年

あなたにおすすめのプロジェクト

脳卒中など障がいのある方の運転再開に向けたリハビリを支援したい

合同会社ラシエイド 岩佐英志合同会社ラシエイド 岩佐英志

#医療・福祉

89%
現在
445,000円
支援者
21人
残り
8日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする