活動報告

 

READYFOR?にて、池袋あさやけベーカリーにご賛同・ご協力をいただいたみなさま、このたびは本当にありがとうございました。みなさまおひとりおひとりのお気持ちのおかげさまで、目標金額を達成することができました。みなさまのおかげさまで、いっそうはりきって暑さにも負けず活動をつづけています。ささやかながら、ここに活動のご報告をいたします。

 

 

仲間による仲間のためのパン屋さん

池袋あさやけベーカリーでは、毎週水曜日に、池袋近辺で路上生活している方へパンを50個、おにぎりを40個つくり配っています。素材や味に工夫をしながら、こころをこめて作っています。人には人を幸せにする力があり、人を幸せにすることで元気になっていく、そんなことを実感させられます。笑顔にあふれ、のんびりとパン作りをしています。

 

 

パンの販売

ご縁があってお声かけいただくイベントなどで月2-3回パンの販売をしています。試行錯誤しながら、つくれるパンをどんどん増やしています。もともと「ホームレス」で元気がなかった人も、パン作りや販売を通して誇りあるパン職人へと変身します。一度に200個、300個のパンを焼くこともあります。

 

 

READYFOR? のご縁をきっかけに

resist写真塾の吉岡裕美さんに活動にご注目いただき、池袋あさやけベーカリーを写していただいた写真が展示されました。(2013年7月)題して「池袋あさやけベーカリー:序」。この報告書の写真のほとんどは、吉岡さんの作品です!

 

 

これからのこと

今回、こんなにたくさんの方から応援をいただけたことは、私たちにとってとても大きな励みになりました。これからも今の活動を仲間を増やしながらていねいに続けていくことを目指します。また、今回のご縁や人のつながりを大切にしながら、パンを売る機会を増やし、自分たちの仕事としていけることを目指したいと思います。それから農業のお手伝いに行っている場で採れるはちみつでのお菓子作りや農産物を使ったパン・お菓子づくりにも挑戦してみたいと思います。

 

今後とも、あたたかく見守っていただければ幸いです。そして機会がありましたら皆様にも、池袋あさやけベーカリーのパンを食べていただきたいと思います!

お召し上がりください!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています