ページをご覧いただきましてありがとうございます。

 

クラウドファンディングの終了まであと8日と迫りました。連日ご支援をお寄せいただきまして4,070,000円のご支援いただき、81%の支援が集まっております!

 

 

ご支援を頂いたみなさまありがとうございます。

 

クラウドファンディングの募集は、2017年11月17日23時までです。リターンのお買い求めもこの期間内となりますので、終了までにご支援をお願いいたします!

 

本日は過去にアジール・フロッタン再生展の公式Twitterで投稿した内容の中から、船の設計に関する内容をまとめました。

 

▼アジール・フロッタン再生展Twitter

 

=====

 

 

[コンクリートの船は浮くのか?]

1929年に救世軍からル・コルビュジエが依頼を受け、ボロボロのコンクリート製石炭運搬船を難民の保護施設に改築しました。近代建築の巨匠が手がけた知られざる作品の一つです。安全面の理由から現在は使用禁止となっていますが、今なおパリのセーヌ川に浮かび続けている。

 

この作品に対して抱かれる疑問として、「果たしてコンクリートの船はいかにして浮いているのか」という疑問があります。そのからくりは「押しのけた流体の重さの浮力を受ける」というアルキメデスの法則で、船型はたくさんの水を押しのけることができ、充分な浮力を得られるのです。アジール・フロッタン号もかくして、今でもセーヌ川に浮かんでいるのです。

 

世界大戦中は鉄鋼不足から世界中でコンクリート船が作られてましたが、戦後激減しています。日本では広島呉市安浦港で、堤防になったコンクリート船も見ることができます。

 

https://twitter.com/asileflottantJP/status/894387660441108480 より

 

https://twitter.com/asileflottantJP/status/886767909602590721 より

 

 

[潜る建築家ジョルジュ・グラヴォー]
再生プロジェクトの中で、100年も前に作られたコンクリートでできた船でしやので、船体のコンクリートの状態を調べる必要がありました。水から揚げると壊れてしまうため、調査方法としては潜るしかありません。そこで、潜水夫かつ建築家であるジョルジュ・グラヴォーが調査し、状態は極めて良好と問題ないことを証明しました。

 

コンクリートについて知識が乏しく、かつ急いで作られた船が、誕生100年を超えた今でも健在であるということは極めて珍しいとも言えます。

 

https://twitter.com/asileflottantJP/status/894749213845618690 より

 


再生事業の中で、修復チームは柱の表面を削り出し、コルビュジエが設計した“青色”を確認。その後、修復事業で“青色”を再現しました。

 

アジールフロッタンは鉄筋コンクリート造の船です。鉄筋コンクリートは必ず経年劣化します。表面をきれいにするだけでなく、劣化している部分の補修などを行わなければなりません。

 

今後も補修をはじめとするメンテナンス費用が必要で、クラウドファンディングなどで集めた資金はこうした補修事業にも充てられる予定です。

 

引き続き、目標金額の達成に向けて皆様のご支援をよろしくお願いいたします!

 

https://twitter.com/asileflottantJP/status/906760305186762753 より

 

https://twitter.com/asileflottantJP/status/911061438499659777 より

 

新着情報一覧へ