応援メッセージ#3 淵上正幸さん

ページをご覧いただきましてありがとうございます。

本日は建築ジャーナリストの淵上正幸さんよりメルマガとしてもご紹介をいただいており、その内容を応援のメッセージとして記載いたします。

 

*****

 

ル・コルビュジエの作品の中で唯一実現した交通手段が、今でもセーヌ川に
浮かぶ「アジール・フロッタン(難民船)」だ。このコンクリート製の船は、
コルビュジエが世界救世軍の依頼で設計し、1929年に完成した難民を収容する
ための船。僕は20年ほど前にこの船を訪れ、当時ホームレスが勝手に寝泊まり
していた内部を見たことがある。
 
ところが今週関西の建築家・遠藤秀平氏より、この船を再生させてコルビュジエの
作品として見学できるようにするため、建築ファンの皆様の協力を仰ぎたいという
クラウド・ファウンディングの連絡がありました。
 
詳しくは以下のサイトに書いてありますが、返礼として支援を頂いた方々の名前を
船内に掲示したり、新しく出るコルビュジエの切手なども頂けるようです。

 


 
また2018年秋のオープンを記念する最初の展覧会として、日本の若手建築家の
企画展も計画されています。支援の主催は日本建築設計学会で、期限は11月17日です。


皆さまこのクラウド・ファウンディングにぜひ協力してあげてください!

 

*****

 

淵上正幸さんありがとうございます。

 

引き続き、目標金額の達成に向け情報発信を行って参ります。引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています