皆さんこんにちは。本日は、前川(國男)建築事務所の橋本功所長より本プロジェクトに対して応援のメッセージを頂戴いたしました。

 

下記にて紹介いたします。

 

*****

 

アジールフロッタンへの再生によせて

 

「私が直接担当してやったのはセーヌ河畔に住みついているクロシャール(浮浪者)を収容する施設で、実はこれは戦時中、鉄不足のために造ったコンクリート製の船を改造するというものだった。」 [1928年パリ・セーブル街35番地:a+u:1974 .02]


「アルベール・フライというスイス出の若い建築家と一緒にやったのです。寒いころセーヌ川に浮いているボートに、「ル・コルビュジエ・エー・ジャンヌレ」と名前を書いてこいといわれて、行って名前をつけてきたことがありました。」[近代建築の目撃者:佐々木宏編1977年4月発行]

 

これは前川國男の言葉。ル・コルビュジエの元で学んでいた88年前に思いを馳せ、現代・未来を見通す近代建築の源流を見つめたい。
 

前川(國男)建築事務所の橋本功所長

 

*****

 

橋本所長、コメントをありがとうございます。

 

アジールフロッタンの再生に向けて貴重なコメントを頂戴いたしました。

 

引き続き、広報活動や情報発信を行い、クラウドファンディングの目標達成に向けて尽力して参りますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします!

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)