クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

子どもたちに公平な社会を!私設奨学生制度を創設したい!

竹林 裕太

竹林 裕太

子どもたちに公平な社会を!私設奨学生制度を創設したい!
支援総額
201,000

目標 200,000円

支援者
23人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

終了報告を読む


3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2017年04月06日 19:16

奨学生を追加で採用しました!

過日は、弊社に多大なご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。

本来であれば、随時こちらでプロジェクトの新着情報をお知らせしなければならないのですが、創業以来慌ただしく過ごしており、この時期のご報告になりましたこと、お詫び申し上げます。

 

お陰様で、会社も創立1年を迎えることができ、徐々にではありますが、経営状況も安定に向かっているところです。

 

さて、昨年同時期に募集を開始したプロジェクトも、皆様のおかげで無事成立し、奨学生の募集を行うことができました。

奨学生制度設立後、すぐに1名の奨学生(中学1年生)を採用することができましたが、その後なかなか奨学生制度の利用趣旨に合致する方や希望者が現れず、奨学生制度を利用いただけない状況が続いておりました。

 

しかし、昨年10月に追加で1名奨学生(中学3年生)を採用し、今年2月よりさらに1名追加で奨学生(中学2年生)を採用することができました。

取り急ぎ、今回は10月に採用した奨学生のご報告とさせていただき、2月採用の奨学生はまた改めて近日中にご報告させていただきます。

 

中学3年生で奨学生に採用した生徒は、無事志望校へ合格し、理想の進路に向けて歩み始めました。この春より新しい生活が始まります。

歩みの幅は小さく、今回の制度についても認知拡大に向けた課題や、奨学生制度以外の無料開放などの学習サポートなど、また違ったアプローチで子どもの貧困、学校外教育格差問題へ関わることのできる可能性も見つけることができました。

 

まずは、今回皆様からいただいた原資をもとに、今後も残り1枠の奨学生の採用に向けて取り組みを継続して参ります。

残る枠は小学生の枠になっておりましたが、より負担の高い中学生への転用も含め、今後も経済的に恵まれない子どもたちのサポートのために利用させていただきます。

 

 

最後に、改めましてご報告が遅くなりましたこと、お詫びいたします。

今後は随時更新して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

御礼のメール・活動報告

◆御礼のメール
◆活動報告

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

10,000円(税込)

ご支援はすべて子どもたちのために!

◆御礼のメール
◆活動報告

頂いたご支援をすべて奨学金に活用させていただきます!

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

10,000円(税込)

奨学生証・奨学生からのメッセージ入り写真

◆御礼のメール
◆活動報告
◆奨学生証裏面への記名
◆子どもたちのメッセージ入り写真

プロジェクトの支援をいただいた方の氏名とメッセージを、奨学生証へ掲載させていただきます。また、掲載した奨学生証の見本と、奨学生からのメッセージが入った写真をお届けします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

30,000円(税込)

1万円プラン+キャンパス内・HP内へのお名前記載

◆御礼のメール
◆活動報告
◆奨学生証裏面への記名
◆子どもたちのメッセージ入り写真
◆キャンパス内への支援者様の掲示
◆HPへのお名前記載

プロジェクトの支援をいただいた方の氏名とメッセージを、奨学生証と弊社WEBサイトに掲載させていただきます。また、掲載した奨学生証の見本と、奨学生からのメッセージを支援者の方へ発送させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年7月

プロジェクトの相談をする