短い夏の間に様々な花が咲きます。

 

日本では尾瀬などに咲くヤナギランの他に、ブルベリーなどのベリー類、忘れな草、クローバーなどが自生します。

 

アラスカの特徴としては、養蜂のために草花を育てているわけではなく、もともと自然に咲いている花が多いことです。
内陸には住んでいる人も少なく、目立った工業もない地域なので、まさに自然の中ではちみつが作られます。

 

 


4月中旬は、まだ葉も花もほとんどありません。
5月下旬から一気に色のある花が咲きます。

新着情報一覧へ