プロジェクト終了報告

2017年03月23日

ありがとうございました。

この度は、たくさんのご支援をいただきましたこと誠にありがとうございます。


皆さまからご支援頂いた資金は、蜂箱と蜂の購入ために使用させて頂きました。
本当にありがとうございます。

 

 

5月早々に蜂箱の設置しまして、木々に花が咲き、蜂も巣づくりを開始しました。
順調に蜂も育ち、6月には蜜が集まり始め、先にご報告しました通り、6月下旬に蜜の採取を行ってきました。

土壌汚染、空気汚染もない土地で、成分をそのままに非加熱で瓶詰したオーロラハニーです。蜂蜜づくりは、花が咲いている8月半ばまで継続します。


産業化の第一歩としまして、養蜂を行っている夫妻の息子さんが、会社を設立しオーロラハニーの生産、販売を行う会社の設立まで行うことができました。

 

●アラスカに行き、蜜の採取などを手伝ってきました。

詳しくはこちらをご確認ください ↓


【リターンの発送】

予定より少し早いですが、順調にオーロラハニーが作ることができまして、輸入も滞りなく済みました。

支援いただきました皆様には、7月下旬より順次配送お届けを行いました。


万が一未着等ございましたらご連絡くださいませ。


【今後について】
READYFORでのプロジェクトはこれで一区切りがつきますが、蜂箱の購入と法人化は村の産業化の第一歩目です。
これからはオーロラハニーの販売を軌道に乗せ、雇用の安定化などが目標になります。

今後はオーロラハニーの販売が拡大し、雇用が増え、養蜂の街になるよう頑張って行きます。


このたびはご支援ありがとうございました。

 

 

アラスカ物産としまして、

 

日本で絶滅に近い状況のヤツメウナギをユーコン川で守る活動
自殺率が高く酒類の持ち込みが禁止されている村での産業おこし
レッドリストの海洋生物の保護や教育目的による日本への輸入

 

など引き続きアラスカに点在する先住民の村々の活性化など行ってまいります。