READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

棒高跳のトレーニング環境を整備して、普及強化を図りたい!

武田理 Osamu TAKEDA

武田理 Osamu TAKEDA

棒高跳のトレーニング環境を整備して、普及強化を図りたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月26日(水)午後11:00までです。

支援総額

185,000

目標金額 400,000円

46%
支援者
18人
残り
30日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月26日(水)午後11:00までです。

プロジェクト本文

▼自己紹介

こんにちわ。以前、国産棒高跳ポールの研究開発のためにたくさんの方にご支援いただいた、武田理と申します。おかげさまでポールは全国のあちこちで使っていただいており改めて感謝申し上げます。

現在は研究を進めながら、開発品のポールと先端プラグ、ポールバッグの販売、その他アイディア商品の委託開発を行っています。

 

(開発した国産ポール。全国で愛用が進んでおります)

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

棒高跳ポールの開発と販売と並行して、「普及」という側面では競技者の数、指導者の数、何より練習場所の問題については多くの方が「うんうん」とうなづくことと思います。

 

棒高跳は華やかな反面で、非常に危険な競技でもあります。競技の楽しさを味わい、トレーニングするためには何よりも「安全に練習に取り組める環境」が必須となります。

しかしながら、陸上競技の中でも用具や設備に非常に大きな資金が必要な種目でもあること、また指導者の数が少ないのも現状です。

 

しかしながら、

先達の知恵の結晶として、全国では多くの指導者が地域クラブの形で学校部活動の垣根を越えて切磋琢磨する仕組みを作り、たくさんの選手を輩出され、目標とするモデルケースが複数あります。

 

20年以上前、自身が学生の頃には考えられなかった話で、他校にお願いして武者修行に行くという感じでしたが、今は普段は一緒にトレーニングし、競技会ではライバルとして闘うという環境があちこちに生まれています。群馬県、埼玉県、石川県、神奈川県などなど多数の県で行われています。しかし、「恒常的」な施設としての練習環境は、用地確保に始まり、多くは資金的課題によってどうしても難しくなります。そのため、週末に競技場でマットを出しての活動など、公共施設でのトレーニングが中心となりますが、練習したいときに必ず使える保証はありません。

学校グランドを母体にされているクラブもあるそうですが、防犯面などから今後は厳しくなっていくことが想定されます。

 

これらの課題を克服して、何とか日常的に棒高跳を皮切りにジャンプ競技を中心にトレーニングできる環境を整備していきたいと思っています。普及・強化の成功例はやはり群馬県ですし、クラブ化をすることで強い選手を輩出できているチームが多数あります。

これらのモデルケースを参考にしつつ、屋外からスタートし、ゆくゆくは室内トレーニング施設にしていくため、クラウドファンディングでまずは屋外の土地整備資金のご支援をお願いすることにしました。

 

 

▼プロジェクトの内容

 

つくば市花畑3丁目に用地を賃借して、有料会員制のトレーニング施設を整備する費用に充てさせていただきます。

棒高跳用のピットを設置し、会員は平日、土日問わずトレーニングできるよう環境整備を整えていきます。

本プロジェクトは2020年にREADYFORにて実施した、「誰もが棒高跳を楽しめるように。上質で低価格な国産ポールを!」による棒高跳ポールの開発プロジェクトの成果物となる国産ポールの体験も可能です。

 

施設整備の具体的内容として

更地にマット、走路を設置した、土むき出しの、また外から入りたい放題の状態となっています。ここには、ポールなど大事な物品も保管するため、セキュリティ対策費用に主に充てたいと思っています。また、施設の走路外の部分を芝生化して補強や転んでも痛くない、そして見た目としても憩いの場、来たくなるような「場所」にしていきたいと思います。

そのために、

①DIYとなりますが単管パイプ、ブロック塀、防風ネットを設置します。

 想定金額 50万円 資材費、運搬費

②盗難防止のために、夜間用のライトなどを保管する物置を設置します

 想定金額 15万円(工事込)

③2ピット化のためのボックス製作、支柱の購入費用(目標金額を超えたら)

(1000平米の土地を仲間でDIYで整備しています。転圧の様子)

 

(大通りに面していますが、柵もなく入りたい放題の現状)

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

本プロジェクトは、トレーニング施設整備の起ち上げ、整備資金として活用させていただきます。

このプロジェクトの最終的なゴールは、棒高跳以外の種目のトレーニングもできる屋内トレーニング施設にすることとなります(これは本チャレンジの意味ではなく、活動自体のゴールです)。学校部活動にとどまらず、会員の方にとって満足のいく、また生涯にわたってスポーツを、する、見る、支える、で楽しめるように、地域コミュニティの場となる施設を目指して行動を開始します。

まだまだ先は不透明ですが5年以内の屋根を設置した雨を気にしない施設に、10年後にはもっと充実した拠点となるようにを目標にして動いていきたいと思います。

 

<地域の方との交流もしていきます:農業体験>

この土地の整備では、近隣の農家の方にも土の掘り返しての整地作業でお力を借りたり、見回りパトロールで近くの畳屋さんのご協力を頂いています。

私たちはクラブに参加する子ども、大人の「農業体験」を計画しています。田んぼの田植えや農作物の耕作など、運動だけではなく地域の方とも接したり、支えてくれる方の仕事に触れる機会を作ることで、地域の一員として活動を応援してもらえるようにしていきたいと思っています。

 

(作業をしてるとカブトムシも出てくるところです)

 

(まだまだむき出しの地面にマットを置いただけ。もっと魅力的にしていきたいです)

 

発起人は棒高跳好きな7名ですが、課題と闘い、解決しながら会員が増えて大きなコミュニティになっていければと思っています。よろしくお願いいたします。

 

(こんな体験会も整備したピットでできるようにしていきたいと思います)

 

発起人一同:武田理、藤岡朱音、須藤崇文、深澤早紀子、鈴木一瑛、高木茂樹、植松倫理

プロジェクト実行責任者:
武田理
プロジェクト実施完了日:
2022年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

調達した資金は ・敷地内のセキュリティ対策  敷地内に、単管パイプを組んでの柵と防風ネットを設置します ・物品保管物置設置  夜間用のライトなどの物品を保管するための物置を設置します ・目標金額を超えた場合  ・2ピット計画のためのボックスの製作費  ・棒高跳用の支柱の購入費用 に充てる予定でおります。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差異は自己資金にて補填いたします。万が一、自己資金でも活動に必要な資金に至らない場合は、プロジェクト趣旨から逸脱しない範囲で、規模を縮小するなどして対応しますので、ご返金にはいたしかねます。

プロフィール

武田理 Osamu TAKEDA

武田理 Osamu TAKEDA

武田理 スポーツバイオメカニクス/スポーツ工学 オリンピック日本代表向けのテーラーメイド型の用具の研究開発に10年従事。 「無いのなら 作ってしまえ ホトトギス」の精神。 棒高跳20年やってます。 全日本マスターズ選手権2回優勝。 2020年READYFORで棒高跳ポールの開発プロジェクトを実施、成功させて悲願の国産ポール販売につなげました。中高生、マスターズでたくさんの自己記録更新の声を頂いています。 バスケットボール つくば市のクラブチームで活動中。日本バスケットボール協会公認C級コーチ、D級審判 「外は大嵐 されど心の中は春のそよ風」をモットーに動じず頑張ります。

リターン

5,000+システム利用料


プロジェクト応援・サンクスメール

プロジェクト応援・サンクスメール

〇お礼のメールをお送りします
〇PDFにて活動報告をお送りします。
〇施設無料利用(1回)+国産ポールの体験(1回)付

有効期間:1年以内
※万が一施設の運営が中止・中断された場合も返金はございませんのでご了承ください

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

8,000+システム利用料


もう少し応援するよ!・サンクスメール

もう少し応援するよ!・サンクスメール

〇サンクスメールをお送りいたします。
〇PDFにて活動報告をお送りいたします。
〇施設無料利用(2回)+国産ポールの体験(1回)できます。

有効期間:1年以内
※万が一施設の運営が中止・中断された場合も返金はございませんのでご了承ください

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

15,000+システム利用料


非現実世界へ。棒高跳を体験してみましょう。

非現実世界へ。棒高跳を体験してみましょう。

〇棒高跳を体験したことの無い方(年齢、性別問わず)必見。
 棒高跳ポールをお貸しし、安全に競技をするための基礎~バーを越えて棒高跳の面白さ、難しさを体感してみませんか?親子で、お子様、社会人、シニアも。笑顔で帰れること間違いなし。翌日は筋肉痛まったなし。
〇サンクスメールをお送りいたします。
〇PDFにて活動報告をお送りいたします。

※通常施設では自己所有ポールを使用しますが、体験時には適切なポールをお貸しして体験いただきます。
※5回まで棒高跳体験(コーチ付)+ポールの貸出いたします。
※体験会にあたり交通費等は自己負担となります。
※万が一、ポールの折損等があっても弁済等はありませんので安心です。

有効期間:1年以内
※万が一施設の運営が中止・中断された場合も返金はございませんのでご了承ください

支援者
6人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年1月

60,000+システム利用料


(法人様推奨)施設内にご芳名を1年間掲示します。個人様も可!

(法人様推奨)施設内にご芳名を1年間掲示します。個人様も可!

〇1年間ご支援者様の会社名等を施設内に掲示します。
(看板広告をイメージしていただければと思います)。掲示する名前やデータなどは個別にやり取りさせていただきます。
看板設置ではなく、横断幕のように印刷したものを掲示予定です。
〇サンクスメールをお送りいたします。
〇PDFにて活動報告をお送りいたします。
掲示に当たっては、以下のREADYFOR利用規約に則って行います点ご了承ください。
●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン
1. 命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターンを選択して支援に関しては、支援者が以下に該当する名称又は表現等を使用した場合であっても、実行者は当該支援者の指示に従わないことができるものとし、この場合であっても、支援者に対する支援金の返金は行われないものとします。
①法律・条例に違反するもの
②公序良俗に反するもの
③政治活動又は宗教活動に関するもの
④実行者又は第三者の名誉・信用、知的財産権その他の権利を侵害するもの
⑤その他実行者が不適切であると合理的に判断するもの
※万一、施設運営が中止されても返金はございませんのでご了承ください。

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2023年1月

85,000+システム利用料


(法人様推奨)施設内1年間ご芳名掲示+WEBページにもご芳名掲載プラン

(法人様推奨)施設内1年間ご芳名掲示+WEBページにもご芳名掲載プラン

〇1年間ご支援者様の会社名等を施設内に掲示します。
(看板広告をイメージしていただければと思います)。掲示する名前やデータなどは個別にやり取りさせていただきます。
〇1年間BASEJUMPのHP内に「ご支援者様」としてご芳名を掲載いたします。
〇サンクスメールをお送りいたします。
〇PDFにて活動報告をお送りいたします。
掲示に当たっては、以下のREADYFOR利用規約に則って行います点ご了承ください。
●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン
1. 命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターンを選択して支援に関しては、支援者が以下に該当する名称又は表現等を使用した場合であっても、実行者は当該支援者の指示に従わないことができるものとし、この場合であっても、支援者に対する支援金の返金は行われないものとします。
①法律・条例に違反するもの
②公序良俗に反するもの
③政治活動又は宗教活動に関するもの
④実行者又は第三者の名誉・信用、知的財産権その他の権利を侵害するもの
⑤その他実行者が不適切であると合理的に判断するもの
※万一、施設運営が中止されても返金はございません。

支援者
0人
在庫数
5
発送完了予定月
2023年1月

プロフィール

武田理 スポーツバイオメカニクス/スポーツ工学 オリンピック日本代表向けのテーラーメイド型の用具の研究開発に10年従事。 「無いのなら 作ってしまえ ホトトギス」の精神。 棒高跳20年やってます。 全日本マスターズ選手権2回優勝。 2020年READYFORで棒高跳ポールの開発プロジェクトを実施、成功させて悲願の国産ポール販売につなげました。中高生、マスターズでたくさんの自己記録更新の声を頂いています。 バスケットボール つくば市のクラブチームで活動中。日本バスケットボール協会公認C級コーチ、D級審判 「外は大嵐 されど心の中は春のそよ風」をモットーに動じず頑張ります。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
重要文化財の京町家を後世へ!築152年の杉本家住宅の修復にご支援を のトップ画像

重要文化財の京町家を後世へ!築152年の杉本家住宅の修復にご支援を

公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会事務局長杉本節子公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会事務局長...

#地域文化

113%
現在
7,350,000円
支援者
227人
残り
32日
食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい のトップ画像

食から始まる子どもたちの成長サポート★地域で子ども達を支えてたい

ララソーシャルララソーシャル

#まちづくり

継続寄付
総計
3人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする