こんにちは!クラウドファンディングもいよいよ明日の午後11:00で終了です。

みなさまからのご支援も少しづつ増えてきて、もう少しで50%を達成できそうです!!心から感謝いたします。本当にありがとうございます。

 

今回はみなさんに見ていただきたいものがあります!!

 

 

こちらは第一回のMiss Dream Contestの際に作られたオープニング映像です。

それぞれの女の子が夢を語ってくれています。いったいどんな女の子なのか、一人づつご紹介します。長くなりますがお読みいただけると幸いです。

 

名前:Catherine Pojas
年齢:15歳

【背景】
カテリーンは、家族と一緒に貧しい村に住んでいます。家族の中で唯一の女の子である彼女に対して、運転手の父親はとても厳しいですが、彼女は家族のために働いている父親のことを一番尊敬しています。カテリーンは普段から家事をたくさん頑張っています。
そして貧しさゆえに、いつも何をするにしても、「それにはお金がかかるの?」と確認しています。

【夢】
夢はフライトアテンダントになって世界を旅してまわることだそうです。そして収入を得られるようになったら家族を助けたいと言っていました。

【私たちから見た魅力】
彼女はとってもシャイで、初めて会ったときはほとんど話してくれませんでした。
しかし、少しずつ慣れてくると、自分から積極的にスピーチ原稿を考えてきて、目をキラキラさせながらアドバイスを求め、一生懸命メモをとる姿が印象的でした。
スピーチの内容も1回目からしっかりしていて、とても向上心が強く、好奇心旺盛で、いつも未来への期待に胸を膨らませている情熱的な女の子です。

【ドリコンに出場する理由】
「人に紹介してもらって、夢への一歩を掴む貴重なチャンスだと思ったからです」

 

名前:Elona Jane Rarario
年齢:14歳

【背景】
彼女はスラム街の一角に親戚と密集して住んでおり、共同のキッチン、共同のお風呂を使っています。
いつも朝から家事をやってから登校します。

【夢】
「会計士になって、スラム街の女の子を救うことです。」

【私たちから見た魅力】
彼女はしっかりしていて面倒見がいい反面、とても笑い上戸で、一緒にご飯を食べている時も爆笑の連続でした。
将来の夢もそうですが、普段から常にだれかのために一生懸命で、とても心の優しい女の子です。
「もしお金がたくさんあったらどうする?」という質問にも、まずは家族のために使い、そのあとは困っている人を助けたいと答えていました。

【ドリコンに出場した理由】
「フィリピン人女性の魅力を伝えたかったから。
とても興奮している反面、すごく緊張しています。
優勝できるように準備や練習を頑張ります。」

 

残り三人は次の記事でご紹介します!ぜひ引き続きお読みください!!