クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

音楽の力で脱原発と反戦、反貧困を訴えたい!仙台でライブを!

浅野 隆博

浅野 隆博

音楽の力で脱原発と反戦、反貧困を訴えたい!仙台でライブを!
支援総額
47,000

目標 200,000円

支援者
10人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年03月25日 14:33

テーマは「愛」です!

こんにちは。浅野です。

応援、拡散ありがとうございます!また、こちらのページをご覧いただいて感謝します。

さて、今回のライブのテーマは「反原発、反戦争、反貧困」です。

もともと僕は原発事故と放射能汚染の報道に疑問を感じたところからスタートしたのですが、そうした活動と学習の中で、TPP、遺伝子組み換え、教育、差別など様々な問題を知りました。

それらの問題の底流に流れているのは「弱者から搾り取る経済活動」ではないかと思うに至りました。ただ弱者を利用して金儲けをするのみならず、積極的に(社会構造的に)弱者を作り出し、最後には切り捨て、命さえ奪う。そうした冷酷な思想が共通して見られるのです。

この「弱者からの搾取と切り捨て」が都市で行われればホームレスなどの貧困問題となり、国単位では原発や沖縄の基地問題、さらに世界レベルでは戦争や経済侵略となるのだと思います。

この「弱者からの搾取と切り捨て」の思想を駆逐するには法律や制度だけでは不十分です。もちろん日本国憲法を初めとして世界の法律や制度は人権を守り、命を守ることを目指してきたようですが、それは表面上の対処療法にしか機能しなかったようです。現在の日本や戦争当事国を見れば明らかなように「油断すれば忍び寄ってくる」のです。

ベタな言い方になりますが、こな「弱者からの搾取と切り捨て」の思想から逃れるには「不断の努力」と「愛」だと思うのです。

ですから、今回のライブのテーマ「反原発、反戦争、反貧困」を言い換えると「愛のワンイシュー」になるのです。そして音楽や絵、詩などの芸術こそが直接心に働きかける大きな力を持つと思っています(この「愛のワンイシュー」と言う言葉も経産省前の集会で仕入れてきたもので僕の創作ではありません)。

また、デモ、集会、学習会、勉強会、ワークショップ、選挙…様々な社会活動がありそれぞれに反応する人が違います。「音楽だから反応する」という人もきっといると信じています。

引き続き応援よろしくお願いします。
一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

ライブ参加権
紅次郎オリジナルCD「PROTEST SONGS」(非売品)
サンキューレター

支援者
8人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

#1にプラスして

当日のライブ音源CD(または映像DVD)
手作りヘンプ編みミサンガ・ブレスレット(平和への祈りを込めて)
特製ずんだアン(餅、ダンゴ用)

支援者
2人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

#2にプラスして

宮城県加美町の地酒「天上夢幻」
ライブ音源の最後にご支援いただいた方のお名前を読み上げます。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする