香りを愛でる・考える

このプロジェクトは、福島を救いたい!とか誰かを喜ばせたい!
とか言うことよりも
純粋に私が大好きなものを暮らしに根付かせたいという気持ちから発動した感が強いのです。
ある種、とても自分勝手なプロジェクトなのかもしれません(笑)

ただ、本業であるパワーフレグランスと言う、ちょっと不思議なんだけど心によりそうパーソナルフレグランスの作成を続けている中で、多くのクライアントさんから報告いただく「不思議な香りのご縁結び」の話から、香りの縁結びパワーと、素敵でナチュラルな心が伝わる会津木綿と言う媒体を使って香りを目でも愛でることができる芳香具(ディフューザー)をとの想いがずっとあり、今回のプロジェクトを具現化させるに至った次第です。

このディフューザーは、精油や香料の特性を生かした自然揮発型です。
自然の秩序やリズムを壊さないことが自然のパワーを享受する秘訣でありマナーだと考えます。
わざわざ電気エネルギーをはじめとする電熱は使わない芳香が私のスタイルでした。
人の癒しのために本来不必要であるエネルギーの使用やそれを作り出すために、何処かの誰かの犠牲や負担の上に成り立つ便利さや快適などは違うんじゃないか。
それを考える、エネルギー問題を身近に考えるきっかけとなれば。

そんな想いも込めて、このプロジェクトをみなさんにお伝えしたのです。


Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています