当プロジェクトにご参加の皆様、本当にありがとうございます。

リターン製作のためもあり、ここまで撮影会イベントなどで、全国PRを続けてまいりましたところですが、お陰様で、元のクハ489-501の姿に戻す時が近づいてまいりました。

これまで、

481系クハ481初期型、昭和39年誕生時

481系クハ4812次型、昭和40年当時

481系クハ481、昭和45年当時

481系クハ481、昭和46年~50年当時

481系クハ481、昭和51年~60年当時(鹿児島車両所仕様)

481系クハ481、昭和58年~60年当時(-14、-17、南福岡電車区仕様)

の、6形態を復刻致しました。

そして、今回、最後の形態としまして、以下の通りイベントを実施致します。

https://readyfor.jp/projects/tc489501/announcements/65394

この形態は、

483系クハ481、昭和40年誕生時

481系クハ481、昭和60年~平成2年当時

の2形態を再現するものです。

 

ボンネット型には、こだわればそれだけ多くの違いを、車両ごと、年式ごと、地域ごとに見る事が出来ます。

そして、北陸の地にありながら、東北や九州にも目を向け、その地域の特色を再現し、最終的な保存形態を北陸タイプにすることで、国鉄特急形の世界観を、これからも語り継ぐことに繋がるであろうと確信しています。

の形態を再現するものです。