西日本豪雨災害、学生ボランティア活動レポート

 

 

学校名:同志社大学

学年:2回生

活動日:8月16日

場所:倉敷市真備町箭田

 

 

活動レポート

 

▪️現地の写真(1枚以上)

 

 

 

 

▪️具体的な活動内容

 表面の泥かき

 トラックへの土嚢の積み込み

 消毒のための石灰まき

 

▪️現地に行きどんな発見、学びがあったか?

 西日本豪雨があって1ヶ月経ってから被災地に行きました。1ヶ月経ったいまでも豪雨の傷跡は残っていました。建物の2階まで水が来た跡、屋根だけ残った家、流されてきた泥が乾いて割れている地面。テレビでは実感の湧かない災害の大きさを感じました。この経験を教訓に災害に対する意識を強く持つ必要があると思いました。

 

▪️一番印象的だったことは?

 普段から工事現場で働いている人、力のある人、土地勘のある人、話すのが得意な人、それぞれの個性を活かして活動に従事していました。私は特に自信のあることはなかったけど、できることは探せばたくさんありました。自分には何もできないと思うのではなく、まず参加してよかったです。

 ボランティア先の帰りのバスまでの時間は美観地区に行きましたが、災害の被害が小さかった場所は今まで通り営業していました。ボランティア向けにシャワーを無料で開放してくれている店もありました。

 しかし、予約のキャンセルなどで営業できる場所も人が来なくなってるようです。そういった誤解を解いて、岡山を訪れる人が増えることが、岡山を元気づけるのではないかと私は思いました。

 

▪️クラウドファンディング支援者の方へ

 岡山は親戚の住んでおり、何度か訪れた思い出のある場所でした。ボランティアに行きたいとは思っていましたが、金銭面で一歩踏み出せませんでした。そんな時にこのお話をいただいて一歩踏み出すことができました。このような機会を頂いて本当にありがとうございました。災害では、継続した支援必要になることを実感しました。1日でも早く復興することを願っています。

新着情報一覧へ