クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

路上生活をするブラジルの子ども達が使うサッカー場を建設します

三浦茂晴

三浦茂晴

路上生活をするブラジルの子ども達が使うサッカー場を建設します
支援総額
1,415,000

目標 1,250,000円

支援者
181人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2014年08月04日 20:27

ブラジルサッカー交流記その3

ピースボートの三浦です。

 

クラウドファンディングでの支援、残すところあと10日あまり。

これまでたくさんの方のご支援、シェア、応援メッセージをいただきました。

 

このキャンペーンを多くの方が知ってもらえたことは、このプロジェクトに関わる全てのスタッフはもちろん、現地サンマルチーニョに訪れるストリートチルドレンがとても喜んでいます。

 

ありがとうございます!!

 

 

少し前の話になりますが、リオデジャネイロで現地取材を受け、放送されました。

 

日本vsコロンビア戦の日。

 

地球の真裏のブラジルで、なぜかストリートチルドレンが日本を応援している。

そんなこと誰が想像していたでしょうか。

 

その映像の中では「日本のみなさんのおかげでサッカーができる!」

と青年がコメントしてました。

 

日本とブラジルがつながっている一つの例がここにありました。

 

 

あと10日。

精一杯、一人でも多くの方にご協力いただけるよう伝えていきたいと思います。

 

 

このサッカー場は、子どもたちの「居場所」、社会復帰への「きっかけ」になる場所、「カウンセリング」の場になります。

 

親元を自ら離れている子、離れたくなくても離れざるを得ない子、家族のいない子、住所不定の子、状況は様々です。

 

スラム街を一掃する軍、警察、そして子どもたちを利用する組織。

 

路上に出ることは、一種の憧れや夢があって出ているのかもしれない。

その夢にはリスクが伴う危険な夢だとしたら・・・。

 

一度路上に出ると抜け出せないどころか、命の危険さえも。

 

 

社会が生んだ被害者ともいえる子どもたち。

 

悲しい事件が起きないようにストリートチルドレンを一人でも多く社会復帰してもらいたい。現地カウンセラーとストリートチルドレンをつなぎやすくしたい。

 

ストリート以外の生き方を子ども達に知ってほしいという取り組み。

 

その為に必要なのが「サッカー場」。

 

子どもたちに届けたい!

 

 

 

サンマルチーニョサッカー場建設予定地を後にして、今日のために借りてくれた海沿いのサッカー場へ案内してくれた。

 

 

午後からはサッカーの親善試合です。

 


子ども達全員素足。

 

大人も素足が多い。

 

 

ボールタッチが柔らかい。足裏を見事に使い、器用にドリブル。トラップも正確。

どこからでも、どの体制でも、タイミングも関係なくシュートが飛んでくる。

 

ブラジルの強さを垣間みた試合でした。

 

 

サッカーが本当に好き。

 

もちろん負けたくない。

 

勝ち負けではないが、親善試合では本気の勝負。

 

 

点数を入れられる度に笑顔が消え、

 

試合終了が近づいてくると死ぬ物狂い。

本気でゴールを狙いにくる。

子どもの頃から勝利にはどん欲。

 

 

 

もっともっとうまくなりたい。

 

そんな様子も見えました。

 

ブラジルの暑さにも参っていたが、日陰のサッカー場を用意してもらい本当に助かりました。

 

 

体力が奪われていく中、まだまだ動き回る子どもたち。

 

親善試合は終わっても、まだまだサッカーは終わらない。

ミックス、フレンドリーマッチを何度も行いました。

 

本当にサッカーが好きなんだなぁと思いました。

※得点を決めた瞬間の少女

 

 

 

日本の文化体験として習字を教えてみたり。

 

習字?

真っ黒に塗り絵してました。

 

 

変わりにブラジルのカポエイラを教わりました。

 

 

 

カポエイラとは、様々な事を禁止されていたブラジルの奴隷達が、音楽にあわせダンスにカモフラージュしながら練習してた格闘技、護身術が元になってできたと言われている伝統芸でありスポーツ。

 

華麗でアクロバティックな技の数々と、元来が護身術なので、全ての動きがアドリブを効かせたインプロビゼーション(即興)でありながら、お互いに歯車のように動きを噛み合わせて闘う事、そして必ず独特の音楽とともに、リズムに乗りながら闘う事もの。

 

もちろん、一緒に文化交流。

 

側転などにも果敢にチャレンジ。

 

 

 

「サッカーをしたいから、サンマルチーニョに行ってみようかな。」

 

素敵な大人達は、そんな子どもたちの素直が本当にうれしい。

 

一人でも多くの笑顔を増やす為、サッカー場を作りたい。

 

 

サッカーをしている時の子どもたちの笑顔を観てサッカー場を作る意味がより一層深まりました。

 

一日も早くサッカーを。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■サンクスレター
■ピースボートプロジェクト冊子
■オリジナル世界地図

支援者
129人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

<3,000円>の引換券に加えて

■ブラジルの子どもたちより写真付きサンクスレター
■サッカー場前に設置する看板にお名前掲載
■ピースボート勉強会参加券10枚
(1枚に付き何名様でも可)
※東京都新宿区高田馬場で行うイベントになります。遠方の方は予めご了承ください。譲渡も可です。イベント情報はこちら
http://www.peaceboat.org/event

支援者
42人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

<10,000円>の引換券に加えて

■ピースボールオリジナルゲームシャツ
(非売品・ブラジルキャンペーン限定商品)
※ご希望はお伺いしますが、色サイズに限りあります。順番にご相談させてくだ
さい。

支援者
8人
在庫数
13

30,000円(税込)

【好評につき限定個数を増加致しました!】
<20,000円>の引換券に加えて

■子どもたちからの寄せ書きされたサッカーボール

支援者
4人
在庫数
3

50,000円(税込)

【好評につき限定個数を増加致しました!】
<20,000円>の引換券に加えて

■子どもたちからのメッセージビデオDVD

支援者
2人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする