どんな人がよい相談員になれるのでしょうか。人生経験に乏しい若者はよい相談員にはなれないのでしょうか。

私たちは、相談者の話に耳を傾け、その感情に共感し、寄り添おうと努めます。その際、気をつけなければ,知らず知らずのうちに自分の価値観や偏見で、目が曇ってしまうことがあります。

自分の価値観や偏見をなくすことはできませんが、それを意識することはできます。その人の年齢は関係ありません。

 

新着情報一覧へ