時々、「カンボジアの人を庄内に連れてきて何か良いことがあるんですか?」と尋ねられることがあります。

確かに、シウさんを庄内に連れてきたからお店の売り上げが50%アップ‼ということではありません。なので人によっては無駄なことに思えるのかもしれません。

 

しかし、シウさんが潜ってきた壮絶な人生の話とカンボジアの現状を彼の口から直接聞けば、日本に住む我々は途方もなく裕福であると多くの方に気づいていただけると思います。

すぐに結果に繋がることではありませんが、このプロジェクトは、世界に目を向けて自発的に行動をとれる人材が庄内から育っていく1つのきっかけになると信じております。

 

好奇心と行動力に溢れた若者が多ければ多いほど街は活気づきます。そして、街の繁栄なくして店の繁栄はありません。ですので、カンボジア支援のために庄内にカンボジアの友人を招くことは、結果的に庄内の発展にもつながっていきます。

 

そして、シウさんは日本で体験したことをカンボジアに持ち帰り、100名を超す彼の生徒たちに還元してくれるはずです。その効果は絶大だと思います。

カンボジア人なら誰でもいいわけではないんです。子供たちの未来を毎日考え抜いているシウさんだから日本に来てほしいんです。

 

僕はこのような思いでこのプロジェクトに取り組んでいます。もし、賛同していただけましたらご支援をよろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ