プロジェクト終了報告

2018年10月31日

『みらいラボ vol.1 カンボジア編』完了報告

 10/19~10/23の間、カンボジアのシェムリアップでトゥクトゥクドライバーとして生計を立てながら、週5回貧しい子どもたちに無償で英語教育を提供し続けるSiv Pech氏(以下シウさん)を日本に招き、彼がポル・ポト政権下のカンボジアで体験したこと、そして今彼がカンボジアを担う子どもたちにために行なっている活動について日本の皆さんにお話しして頂きました。

 

 このプロジェクトが実現できたのはクラウドファンディングの支援者の方々初め、Readyfor様のおかげです。本当にありがとうございました。

 

 日本滞在中は主に東京と山形県を見学して頂きました。『みらいラボ』と題して10/20、10/21の2日間に渡って山形県鶴岡市で開催しました。

 

 シウさんにとって日本に来ることは生涯の夢だったそうです。今回、シウさんをカンボジアから日本に招く手配の過程でそれは決して大げさなことではないと思いました。

 一般的なカンボジア国籍の方が日本に来るためにはお金を払うだけでは十分ではなく、日本に住む日本国籍の方が『逃げないために』身元保証人として必要なのでした。どこでも行ける日本人とどこへも行けないカンボジア人の現在は、先人たちが過去に何を行なったかで大きく異なることをシウさんの話を通して参加して頂いた方々に伝わったと思います。

 

10/20の参加者の皆さんと

 

10/21のみらいラボでお話しするシウさん

 

今回シウさんからカンボジアの現状をお聞きし、こうした関わりは継続して行なって行くことが大切だとわかりました。

次回のみらいラボは是非カンボジアでやりたいと思いますのでご期待ください!!