プロジェクト概要

 

オペラの魅力を多くの方にお届けしたい!

東京藝術大学Camerata Project卒業公演「ラ・ボエーム」を開催

 

はじめまして。Camerata Projectは東京藝術大学音楽学部4年生を中心としたオペラ公演企画団体です。今回このページをお届け致しますのが私、公演の制作代表を務めます、市川桜子と申します。「制作代表」と偉そうな肩書きがついていますが、簡単に言えば「公演の1番のファン」として、公演全体を見守る係です。

 

今回行うオペラ公演は、非常に大規模なもの。舞台上で歌と演技を披露するメインキャスト・合唱メンバー。舞台には上がらないけれど素敵な音楽をお届けするオーケストラのメンバー。公演の音楽面を取りしきる指揮者。舞台上の動き全体を考える演出家。ご来場の皆さまを公演の世界に没頭させる舞台美術担当。公演を支えるスタッフたち。来たる3月23日(木)彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて上演の卒業オペラ公演本番に向けて、オペラの練習・稽古に励んでいます。

 

ご来場いただいた皆さまにオペラに親しみを持ち、オペラの魅力を存分に感じていただくために。皆がそれぞれに公演に向けて挑戦し、日々努力し続けています。その姿を間近で見てきた「公演の1番のファン」である私が、このページをご覧の皆さまにもその頑張りを知っていただけるよう、ご紹介していきたいと思います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
指揮・演出のたった二人から、プロジェクトは始まりました。

 

いよいよ卒業…
そして、これから音楽界を担っていくための最初の挑戦に。

 

このオペラ公演のプロジェクトが立ち上げられたのは、今からちょうど1年前の2016年3月。これまでにも毎年、卒業公演は行われてきましたが、今回は「卒業公演としてこれまでの成果を発揮し、応援していただいた方たちに感謝の気持ちをお届けしよう」「今後の音楽界を担っていく者として最初の挑戦にしよう」という想いを持って、イタリアオペラの傑作・G.プッチーニの「ラ・ボエーム」を上演することに決めました。

 

約1年間かけて、プロジェクトはどんどんと大きなものに、そして公演に向けて少しずつ準備が進められ、現在総勢100人以上の大所帯で活動しています。公演が差し迫った現在は、ほぼ毎日なにかしらの練習を皆で集まって行っています。スタッフのほうも、広報活動や資金集め、舞台上の安全の確保、公演がスムーズに進むよう、また多くの方に公演を楽しんでいただけるよう、毎日相当な時間を費やしています。

 

オペラを上演すること。それは学生である私たちにとって非常にハードルの高いものです。しかし、悩みながら努力し日々の練習に励む姿を見ていただくことで、多くの方々にオペラに興味を持ち、親しんでいただけるきっかけになるのではないか。そう考え、精一杯努力し、かつ楽しんで活動しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
悩みながら努力し日々の練習に励んでいます。

 

関わるすべての人たちに支えられて、いまこのプロジェクトに挑戦しているのだということに、感謝の気持ちで本当に胸がいっぱいになります。

 

この1年間、私がプロジェクトを通じて感じ、学んだことは、簡単な言葉では言い表せないほど数多く、初めてのことばかり。うまくいかないことに焦り、後から悔やむことも多々ありますが、ひとつひとつ課題をクリアし、前に進んでいくことの大切さ・楽しさを感じています。熱く意見を交わす中で、よくわかっていると思っていた友人の新しい一面に気付くことも…。

 

私を信頼してくれ、挑戦する姿から、やる気を出させてくれる仲間。打ち合わせや稽古で帰宅が遅くなる私を気にかけて支えてくれる家族。私たちの挑戦を温かく見守ってくださる方々。関わるすべての人たちに支えられ、このプロジェクトに挑戦しているのだということに、感謝の気持ちで本当に胸がいっぱいになります。

 

かけがえのない仲間たちと一緒に挑みます

 

皆さまから頂いたご支援で、3月23日(木)彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて、 オペラ「ラ・ボエーム」を上演します。

 

今回のプロジェクトでは、皆さまから頂いたご支援を公演資金の一部として、3月23日(木)彩の国さいたま芸術劇場大ホールにて、学生である私たちがG.プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を上演いたします。 19世紀のパリを舞台に紡がれる、若き芸術家たちの友情、恋、夢、そして現実。このオペラは観る人の共感と涙を誘い、初演から100年以上たった今でも世界中で上演されています。私たちにとってこのオペラに登場する人物たちは、若い芸術家という、とても近い存在です。学生の若い力で上演することも相まって、このオペラをより魅力的に感じていただけるのではないかと考えています。

 

会場となる彩の国さいたま芸術劇場大ホールには約600人の方がご来場いただけます。設備が素晴らしく、都心からもアクセスがよく、私たち学生にとっては夢のような舞台です。今回行うオペラ公演は非常に大規模なもので、上演するためには準備に時間がかかると同時に、莫大なお金が必要となります。学生主体で上演するため、チケットの値段は1枚1,800円に設定しています。 映画館に行くように、オペラを気軽に観てもらいたい。オペラの魅力を感じていただくために、資金の面で公演の質を下げることなく、足を運びやすいお値段でチケットをお届けしたい。そのため、皆様にご支援をお願いしたいと思っております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
オペラの楽しさ、オペラの魅力をより身近に感じていただきたい

 

オペラをもっと気軽に。その魅力を感じていただくきっかけに。

 

今回の公演を通して、観客の皆さまにお届けしたいこと。私たちが感じている、夢中になって全力で挑戦することの難しさと苦しさ、それから面白さ、楽しさ。私たちが皆でひとつの公演を作り上げる姿から、少しでも何かを感じ取っていただけますように。私たちの姿が皆さまの目に魅力的に映りますように。皆さまが何かに挑戦する励みになりますように。そんな願いを込めて、私たちは公演に臨みます。

 

今回の公演、そしてプロジェクトがこれから先お届けしていく公演が、皆さまがオペラに親しみを持ってくださるきっかけになりますよう、私たちが挑戦する姿を発信していきたいと思っています。皆様、どうか私たちにお力を貸していただけませんか?

 

一生に一度の卒業舞台をみんなで作り上げるために、応援をお願いします!

 

公演当日も公演後も、販売は致しません。
ご支援くださった皆さまだけが受け取れる、限定リターンです!

 

公演をより楽しんでいただくため、またオペラに親しみを感じていただくために。まずは私たち自身を身近に感じていただくきっかけになるものをリターンとしてお届けしたいと考えています。当日の様子がわかる舞台写真や公演までの様子がわかる稽古場写真など、楽しいリターンをご用意しました。

 

5000円のご支援で公演の様子を撮影したDVDをお届けします。その場で直に公演の空気を感じていただけるのは本番一回きりですが、公演DVDを通して、オペラの感想を共有しあったり、魅力的な登場人物やシーンを自分の目で・耳で発見したり。長く公演を楽しみ、愛していただけたら幸いです!

 

このページを最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

どうか、みなさまのご支援をよろしくお願いいたします!

 

当日のチラシはこちらです。

 

東京藝術大学Camerata Project卒業公演「ラ・ボエーム」
日時:2017年3月23日(木) 19:00〜
場所:彩の国さいたま芸術劇場大ホール
(埼玉県さいたま市中央区上峰3丁目15−1)
定員:600名
お問い合わせ先:camerataproject@gmail.com

 

ご支援いただいた方々へ。リターン一覧はこちら

 

1000円:お礼の手紙・次回公演の情報告知

お礼の手紙と共に次回公演の情報を同封してお届けします。

(どの価格帯のリターンにもお礼の手紙と次回公演情報は同封いたします)

 

3000円:舞台写真5枚セット

・お礼の手紙・次回公演情報

・舞台写真をランダムで5枚お届けします。

後日販売を行わないため、クラウドファンディングでご協力いただいた方だけが受け取れる限定品です。

 

5000円:「ラ・ボエーム」公演DVD

・お礼の手紙・次回公演情報

・当日の公演の様子を撮影した映像をDVDでお届けします。

後日販売を行わないため、クラウドファンディングにご協力いただいた方だけが受け取れる限定品です。

 

10000円:舞台写真5枚セット

・お礼の手紙・次回公演情報

・公演DVD・公演ビジュアルを使用したポストカード3枚・舞台写真5枚をセットにしてお届けします。

どれも後日販売を行わないため、クラウドファンディングでご協力いただいた方だけが受け取れる限定品です。

 

15000円:公演グッズ全部お届けセット

・お礼の手紙・次回公演情報

・公演DVD・公演ビジュアルを使用したポストカード3枚・舞台写真5枚・オフショット満載楽しい稽古場写真5枚
をセットにしてお届けします。

どれも後日販売を行わないため、クラウドファンディングでご協力いただいた方だけが受け取れる限定品です。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)