児童養護施設から大学や専門学校へ進学する子どもたちの割合は児童全体の2割程度といわれています。

それは進学しても生活費や学費をすべて自分で賄い、卒業まで行き着くことが非常に困難だからです。

だからそもそも目指す子どもが少ない。そして施設の職員さんも安易に進学を進めることができないという現状があります。

施設児童の中から後輩達のロールモデルとなる児童を地域の市民・企業・行政全体で支え育ててゆくこと。

これがカナエール福岡の目指す支援の形です。

 

新着情報一覧へ