みなさんこんにちは、

CBB現地駐在員の鹿島です。

 

先生も無事決まり、いよいよ始まったCBBスクールの英語クラス。

スクール開校イベントの効果もあり、着々と生徒数が増えています。

 

 

(▲地元の大きなインターナショナルスクールで2年働いていたので、生徒の登録など事務的な作業も率先して行ってくれる英語教師のローン。)

 

英語クラスを始める前は、大学進学やプノンペンで働くことを意識し始める高校生の需要が多いと思っていましたが、意外にも現在ほとんどの生徒が小学生から中学生。

実は今年度から、カンボジアでは小学4年生から英語が必修になりました。それは農村の小学校も同じです。そのため、子どもが小さいうちから英語塾へ通わせる親が増えてきました。

 

 

まずはアルファベット、身近な英単語から学んでいく生徒たち。

スクールは子どもたちの元気な声でいっぱいです。

 

 

(▲子どもたちの名前を覚えられるよう、手作りの名札を。)

 

小学生の生徒がもっと英語に親しみをもってくれるように英語の歌を流したり、アニメを通して授業を行ったりもしていこうとローン先生と話しているところです。

 

みなさま、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ