READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!

鹿島早織(国際協力NGO CBBカンボジア)

鹿島早織(国際協力NGO CBBカンボジア)

カンボジア農村の貧困層の子どもたちに最高の先生と教室を!
支援総額
199,000

目標 800,000円

支援者
16人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2015年03月06日 15:54

農村の高校生も活躍!人と人との繋がりが、CBBをつくる

 

みなさま、ご支援ありがとうございます。

CBB現地駐在員の鹿島です。

 

今回は縁があってCBBスクールと繋がり、スクールと深く関わってくれているカンボジア人をご紹介します。

 

① 現地スタッフのコンティア
CBBの奨学金でメコン大学の日本語ビジネス学科に通っています。学校が休みの日には実家に近いCBBスクールに滞在して授業へアドバイスをくれたり、実際に自分で授業もしてくれます。

 

▲写真左がコンティア。

さすが大学でみっちり日本語を学んできただけあり、教えるのが上手い!参考になるところばかりです。

 

 

② 支援地の農村の高校生、キムスリー

CBBが以前自転車を支援した学生です。始めは英語が全く話せませんでしたが、日常会話に不便しないくらいまで上達しました!よくCBBスクールに遊びに来てくれ、スクールの宣伝チラシを配る手伝いもしてくれます。

 

(▲右がキムスリー。自転車を支援したときから仲良しの国内メンバー、ひかりちゃんによく会いにきます。)

 

 

 

③ ソムナンの友達ボラ

以前クメール語の張り紙が必要なとき、「クメール語を書くのがすごくうまい友達がいる」と紹介してもらったのが彼。算数の塾を子どもたち向けに開く秀才です。クメール語を書かせたらボラ、ということで日本語の教材作りにも大活躍してもらっています(笑)

 

(▲「英語クラスがもうすぐはじまる」と書いてもらいました。日本人の私から見ても、他の人より上手いのがわかりました。)

 

④ 英語の先生ローン
実は彼、日本語教室の生徒のお兄さん。現地スタッフのコンティアの紹介でしたが、弟に以前からCBBの話を聞いていて興味をもっていたそうです。

 

(▲左が日本語教室にずっと通っている高校生のヒア、左が英語の先生のローン)


多くの現地の人々に支えられて成り立つCBBスクール。

 

まだ紹介できていない人もいますが、今日はここまで。

引き続き応援よろしくお願いいたします!

一覧に戻る

リターン

3,000

・現地からサンクスレター(電子版)
・プロジェクト報告書(電子版)

支援者
11人
在庫数
制限なし

10,000

3000円に加え、
・CBBの支援地やCBBスクールの子どもたちの様子を写したフォトブック(電子版)

支援者
6人
在庫数
制限なし

30,000

10000円に加え、
・子どもたちに映像授業を行う権利
(日本の学校の小学生と、カンボジアの小学生をskypeで繋げて映像授業、など)

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

30000円に加え、
カンボジアを訪れた際に、塾の訪問・授業ボランティア・CBB支援地である農村でホームステイ体験コーディネート

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

50000円に加え、
・CBBスクールの教室とホームページにお名前の記載

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする