★私の歌詞に素敵な曲がついて、とてもうれしいです!、とおばあちゃん

 

ご当地ソング「更級カノン」を作詞した佐藤とみ子さんは84歳のおばあちゃん


「日記を書くことが好きだから、更級日記を自分で書いたつもりで作詞してみました」


「更級日記」は自分の日記のようで、夢が膨らむんです。」


「昔のことなど、いろいろな事を考えて楽しんでいます。」


「私に似ているキャラクターがCDのジャケットになるなんてすごく嬉しい!!」

 

 

膝や首、足の裏が痛くて大変なんですが、一人暮らしされています


ヘルパーさんやマッサージさん、デイサービスで在宅介護で頑張っています

「一人くらしはどうですか?」


「気ままでよいですよ、寂しいこと?あまりないですね」


「気になることはありますか?」


「他人に迷惑をかけることですね」

 

「電車に乗って、席をすぐ譲っていただくと、感謝の気持ちでいっぱいです」


「席かわりましょうか?」といわれると、迷惑をかけてしまったな~と思います。」


「ヘルパーさんやデイサービスの方にも迷惑をおかけしているといつも思っています。」


「少しでも人のお役にたてると、うれしいですね!そんな気持ちで作詞してみました」

 

★お年寄りを応援する時の、ちょっとした気遣いがわかったような気がしました

 

お若い方やお子さんが、私の歌の演奏、ダンスを見るのも楽しみ

 


CDだけでなく、歌詞が載っているDVDがあると、多くのお友達が喜びますね!

 

おばあちゃんのあと一歩の夢を支援しませんか?


みんなにもっとご当地ソングを知ってもらえたらうれしい!


CD制作のための支援をお願いしています

 

 

 

新着情報一覧へ