★80年前お嫁に来た時、五井の街が賑やかなのでびっくりしました!

 

「船がたくさんあって、賑やかで驚いたんだよ」

 

「活気があって楽しかった~」

 

80年前に養老から五井にお嫁に来たのは、102歳のヒサおばあちゃん

 

息子さんと一緒に歌詞にしたのは、いつまで経っても忘れられない記憶

 

羨ましい限りの仲良しです!

 


養老川ですから「美しき青きドナウ」か「ドナウ川のさざ波」のようなのがいいな~


ヨッシー佐藤先生が作曲されます。


どんな曲になるのか楽しみですね。


12月6,7日の五井大市では、そんな賑わいが再現されます。


薄れゆく歴史の流れを歌に残したい!


 

ご当地ソングCD制作にご支援ください。

 

 

養老川の流れ         
            作詞 庄司 ひさ    百二歳
            作曲 ジャズピアニスト ヨッシー佐藤


一、生まれは養老(ようろう) 山の中
  嫁(とつ)いできたのは 五井の浜
  竹は筏(いかだ)に 組みあがり
  養老船は 竹筏(たけいかだ)

   ハアー 船はチャンコロ 炭(すみ)、薪(まき)積(つ)まぬ
   ハアーエー 積んだ荷物は 米と酒

 

二、十も二十も  繋げては
  チャンコロ船(ぶね)の 川のぼり
  先頭一人で 竿(さお)をさして
  養老船(ようろうぶね)の 川下り 
  

   ハアー 船はチャンコロ 炭(すみ)、薪(まき)積(つ)まぬ
   ハアーエー 積んだ荷物は 米と酒

 

三、五代力船(ごだいりきぶね) 大正に
  五井の川岸(かし)から 東京へ
  お米、雑穀(ざっこく)、炭(すみ)のせて
  風のある日は 帆(ほ)をかけて

   ハアー 船はチャンコロ 炭(すみ)、薪(まき)積(つ)まぬ
   ハアーエー 積んだ荷物は 米と酒

 

新着情報一覧へ