縞子は、人懐こくて穏やかな美しい猫でした。

 


数年前のTNRのとき、縞子はうちで預かっていました。

どういう事情で捨てられたのか、わかりませんが、
もとは大切にされていたのかもしれません。

避妊手術もすんだ状態で捨てられたようでした。

 

手術跡はすっかり消えていたので
わからずに2度目の手術を受けてしまいました。

2度目の手術は、すでにない卵巣を、
ないとわかるまであちこち捜すので、
傷も大きくなり、ダメージが大きく、
回復まで時間がかかりました。

何日もじっとうずくまったまま動かない縞子が、
とてもかわいそうでした。

 

最初は、あの可愛いに耳に切り込みを入れる事に
抵抗があったのですが、辛そうな縞子を見ていて、
耳カットが重要なのだと思いました。

 

昨年の8月、やせ細ってしまった縞子を保護しました。

 



口内炎でもうカリカリが食べられなくなっていました。

写真は保護した直後の縞子です。目が釣りあがって、口元はよだれで汚れ、
やつれてしまっていました。

 

縞子には、ドライフードをぬるま湯でふやかして、
ウェットフードを混ぜて与えました。

口内炎がひどくなると、
ふやかしたフードも食べられなくなるので
そんなときは、病院で
抗生剤と抗炎症剤の注射をしてもらいました。

 

注射してもらうと、もうその晩には
食べられるようになりました。


先日は、また口内炎が悪化してきたので、
病院に連れて行きました。
ウイルス性の口内炎に効く薬を出してもらい、
血液検査もしてもらいました。

 

 

もう顔つきも変わっていて、調子が悪そうなので、
腎臓もかなり悪化しているのかと思いましたが、
検査結果では、それほど重症ではないということでした。

でもそれから1週間後、食欲が落ち、
明日は病院にいかなくては・・と準備をしていましたが、
翌日の朝、縞子は冷たくなっていました。

 

予期していなかったので、
涙と、ため息が何度も出ました。
お別れは悲しいけれど、
縞子は、やっと口内炎の痛みから解放されたんだなぁと、

思いました。

  大好きだった縞子。ゆっくりおやすみ・・・

 

 

 

インスタグラム 他の猫たちも紹介していますので、ご覧くださいね。
http://www.imgrum.net/user/ishigakijimanyanconoshippo/3481606922

にゃんこのしっぽ♪ ホームページアドレス 
http://myaaa-ishigakijima.jimdo.com/

新着情報一覧へ