3月8日、あっという間に展覧会3日目になりました。

 

今日も朝一番で、たくさんの方が来場されました。

 

 

切れ目なく、観に来てくださいます。

 

 

 

今日も飼い主さんが、ご家族そろって、絵になった子に会いにいらっしゃいました。

 

こちらも・・おじいちゃん、おとうさん、おかあさん、お子さん、お孫さん・・
みんなで会いに来てくれて、絵の子も嬉しそうな表情に変わります。

 

絵は、おじいさんに内緒の贈り物だったようです。

 

 

隣になった飼い主さん同士、 お互いのお話をされていました。

 

 

ほとんどの飼い主さんは、毎日、絵になった子に会いに来られます。
ある方は絵に前に行き、「ただいま」と言って絵になった子たちを
ずっと撫でていました。
そして「明日また来るからね」と言って帰っていかれました。

 

過去の命展の飼い主さんも、今回たくさんいらしてくださっています。
「昨日テレビのニュースで知ってきたよ~」と、前にお会いしたときよりも、とても元気になられていて、みなさんの笑顔が、とても嬉しかったです。

 

「もらった絵は、大事だからコピーをとって飾っているの。本物は大事にしまってあって、
毎日こっそり見ているんだ~。」
「みんなが集まる場所で、いつもいっしょにいるんですよ」など様々な声を聞きました。
動物たちも、笑顔の飼い主さんを見て、安心しているように感じました。

 

命展パート2の飼い主さんのご親戚の方から、うれしい差し入れがありました。
とってもきれいな、かわいいお寿司!美味しくいただきました。

どうもありがとうございました。

 

今日の感想ノートより・・

 

明日は石巻展、最終日です。