READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

「震災で消えた小さな命展」で、動物の命の大切さを伝えたい

絵本作家うさ&NPO法人CAPIN

絵本作家うさ&NPO法人CAPIN

「震災で消えた小さな命展」で、動物の命の大切さを伝えたい

支援総額

1,172,000

目標金額 1,015,000円

支援者
121人
募集終了日
2015年4月27日
プロジェクトは成立しました!
18人がお気に入りしています

18人がお気に入りしています
2015年03月11日 08:05

3月9日命展3 石巻最終日&搬出

昨日、9日は石巻の最終日でした。

 

 

朝から雨が降りました。
でも、昨日も午前中から終了時間まで、お客さんが途切れることなく来場されました。

 

 

 


15:55分から、宮城テレビ「Oh バンデス」で先日取材していただいたものが
放送されました。3分くらい放送してくださいました。

その後、ナリサワさんにも、私の携帯にも問い合わせが殺到!
終了前に多くの方が来場してくださいました。


 

全国へ旅立つ前に・・と飼い主さんたちも、絵になった子に「いってらっしゃい」と
「1年後に迎えに来るね」を伝えに来られました。

 

 

毎日、絵になって帰ってきた動物たちに会いに来られた、飼い主さん・・・。
岩手でも開催するのに、 早く会いたいからと、石巻まで会いに来られた飼い主さん・・・
犬や、猫や、うさぎや、魚や鳥や・・姿が違っても、みんな大切な家族なんです。
それなのに、動物だからという理由で、避難所(室内)に入れてもらえず、亡くなった命が
本当にたくさんあったのです。これらの命は、救えたはずの命です。
家族の線引き、命の線引き、誰にもできないはず。

18時過ぎて、搬出作業に入りました。
絵の子、ひとりひとりに、「がんばったね、おつかれさま」自然にそう声をかけながら、
箱にしまっていく、ボランティアさん・・ 。

 

 


ダンボールにはどの絵が入っているか、わかるように絵の番号を記入します。

 


大きさの違う絵の箱に、番号をつけて入れていきます。

送料節約のため、なるべくダンボールの数を少なくするために、試行錯誤・・。

 

 

これから、1年間、このダンボールで巡回できるように、すべてのダンボールには、全面に透明テープを貼り、補強します。
ダンボールは5箱になりました。次は仙台に向かいます!

 

 

搬出のお手伝いをしてくださった皆さんです。
一番最初の展示会場は、搬入も搬出も、作業がとても大変なのですが、
毎回、お手伝いに集まってくださいます。
過去の命展で絵をお申し込みされた飼い主さん、宮城をはじめ他県にもお手伝いに来て
くださる方々です。後列右端の方は、ナリサワの杉山さんです。
杉山さんは、保護した猫、30匹以上をご自宅でお世話されています。

 


命展の主旨に心から賛同してくださっている皆さんに助けられて、
こうして進めていくことができています。本当にありがとうございます!

石巻最後の感想ノートより・・

 

 

明日11日は心をこめて、石巻で過ごしたいと思います。

3月8日命展3石巻 3日目3月13日 命展3仙台搬入日
一覧に戻る

リターン

3,000


alt

・うさ、CAPINよりお礼状(イラスト入りカード各1枚)

支援者
57人
在庫数
制限なし

10,000


alt

・お礼状(うさ、CAPINよりイラスト入りカード各1枚)
・うさサイン入り絵本「ぼくは海になった」(作・絵うさ)1冊

支援者
60人
在庫数
制限なし

30,000


alt

・うさサイン入り絵本「ぼくは海になった」(作・絵うさ)1冊
・うさポストカード&CAPINポストカード(各2枚)
・絵本「ふくちゃんとつくば」(作 おかの/絵 うさ)1冊
 

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000


alt

・DVD「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」(映画内に命展について出てきます)
・うさポストカード&CAPINポストカード(各2枚)

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000


alt

・「同じ星空を見た夜」絵:うさ デジタルリトグラフ(シリアルNo、直筆サイン入り)1点
・CAPINポストカード2枚

支援者
2人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする