4月2日は、盛岡会場初日、お天気もよく、気持ちのいい朝でした。

開運橋から、岩手山がとてもきれいに見えます。

 

会場の「クロステラス」に9:30到着。]

 

クロステラスは10時から開店ですので、早めに来て準備をします。
会場風景です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時開店、2階から見た様子です。

 

 

平日なのに、たくさんの方が見に来てくださいます。

 

 

 

 

初日の会場スタッフとして、盛岡在住の参加作家の中村太樹男さんが
お手伝いしてくださいました。
個展前のお忙しいときなのに、本当にありがとうございました。

 

そして、夕方にとても嬉しい、お客様がいらしてくださいました。
右端の方、花巻保険福祉環境センターの藤尾所長です。
藤尾所長は、前、沿岸広域振興局保険福祉環境部の部長さんで、
命展パート1のときからずっと命展を応援してくださっている方の一人です。
初めてお会いしたときから、「現在、動物愛護と言って行われている様々なことは、
人間のための動物愛護でしかない。そうではなくて、動物のための真の動物愛護を
進めていかなくてはならない」とおっしゃっていた方です。
今回もお会いし、そのお気持ちを熱く語っていらっしゃいました。
左端の方は、花巻保健福祉センターの松尾さんです。松尾さんとは初めて
お会いしましたが、とても心の温かい、誠実な方でした。
今度は花巻で、命展を実現させ、そして、真の動物愛護を訴えていきましょう!
と、熱く盛り上がりました。

 

そして、もう一人・・
この方は、岩手県庁の保険福祉部医療政策室の高橋さんです。
前は県庁の動物福祉のほうに勤めていらっしゃいましたが、今は移動に
なってしまい、残念ですが、動物のことからは離れてしまったそうです。
以前岩手県主催で、動物愛護の大きなシンポジウムを開催 したときに、
お会いし、お世話になった方です。
今回、新聞で命展3の開催を知って、観に来てくださったそです。
またお会いできて、とても嬉しかったです。

 

藤尾所長、松尾さん、高橋さん、みなさんお仕事が終わり、観に来てください
ました。
みなさんの、震災で犠牲になったすべての命や動物たちへの想いが、こうして
何年経ってもつながっているのだと思います。
立場など関係なく、同じ想いのある、人と人として向き合えるから、こんなに
温かいのですね。希望の光を感じました。

世の中の決まりごとはすべて人間が作っています。
人の心は変わります。だから、今がどんな納得のいかない世の中であっても、
諦めず、同じ目標に向かい進んでいけば、必ず良い方向に変わっていくと
信じています。
人にも動物にも優しい、お互いを思い合えるような世の中に変わっていって
欲しいと 心から願っています。