子猫の「みつまめ」ちゃんと一緒に保護された、兄弟猫の「みたらし」ちゃんです。

 

みたらしちゃんは、シャムミックスの容姿が外で暮らしているときにも人目を引いていたようで、近隣の方も印象に強く残っていました。

 

保護にご協力いただいたお宅では、「可愛い子猫のお顔が見れなくなるのは少しさびしい気持ちもあるけれど、室内暮らしで幸せになってほしいわ」とおっしゃっていました。

 

みたらしちゃんも、保護後に高熱、嘔吐が続き、病院の先生方も大変心配されていましたが、今では元気に回復。飼い猫になればこうやって具合の悪い時には医療を受けることができますが、外で暮らしていれば風邪ひとつでも命取りになることがあります。

 

「みたらし」ちゃん、保護猫カフェにデビュー予定です。

皆さんのご支援と応援のおかげで、私たちも安心して猫の保護にふみきることができます。日々の保護活動も、クラウドファンディングも頑張ります!

引き続きのご支援やシェアをどうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

 

新着情報一覧へ