READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

誰もが記者!地元市民記者メディアを全国・世界に展開したい!!

栗田 宏昭

栗田 宏昭

誰もが記者!地元市民記者メディアを全国・世界に展開したい!!

支援総額

43,000

目標金額 300,000円

支援者
5人
残り
終了しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2015年11月28日 07:53

サイトの開発費60万円は高いと思いますか?(その2)

本格的な寒さが到来していますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

ぼくは、冬でも天気が悪くなければ、ランチタイムは大抵外に出ます。

昨日のランチタイムは築地で「焼きいもクエスト」(通称「いもクエ」)を決行しました。
職場で焼きいもが食べたいという話になったのを発端に、「築地のある八百屋で売っている」という不確定情報を元に焼きいもを探し求める旅のパーティが結成されました。
無事に実態が確認され、美味しい焼きいもが頂けました。

 

さて、本題です。

ITに馴染みのない方が「ウェブサイトの開発費60万」と聞くと高いと感じるかもしれませんが、企業のホームページなど静的なものの場合の相場は30万円です。

このプロジェクトで作成しようとしているWebサイトはマルチユーザーの動的なものなので、当然30万円では済みません。

 

「マルチユーザーの動的なもの」というと、どちらかというとfacebookやツイッターのようなイメージです。

複数のユーザーをかかえて使ってもらうことになります。

これを完全オリジナルで一から開発しようとすると、数百万円はかかるはずです。

 

世界で最も使われているブログシステム「ワードプレス」は、いろいろと制約はありますが、無料で利用可能です。

 

現在の平塚市民プレスもそうですが、現実的に考えて、今回もワードプレスを基盤に開発を進めます。

平塚市民プレスの運用を通して利用者からの声を元に割り出した必要最低限の機能とデザインを実装する予定です。

その結果として、開発費が60万円に収まる見込みだということです。

 

個人的にワードプレスによるブログを立ち上げて自分なりにカスタマイズしてみてますが、今回の要件を自分でやろうとしても、技術力の面でも時間の制約的にも無理です。

ですので、その道で食べているエンジニアの方たちに依頼をする形になります。

当然、今回支援が集まったとしてもぼくの懐には一銭も入らないし、むしろ30万円近くの費用を自腹で払うことになります。

一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスレター
・公式サイトのスペシャルサンクスに名前を掲示
・名前入り市民プレス印刷用名刺テンプレートファイル

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年3月

10,000

3000円の引換券+
・市民プレス印刷用名刺テンプレートファイル
・市民プレス市民記者腕章
・スポンサー集めなしにあなたの地元で市民プレスを始める権利(審査要)

支援者
4人
在庫数
996
発送予定
2016年3月

30,000

10000円の引換券+
・名前入り市民記者名刺(100枚)
・バナー広告のオリジナルデザイン
・あなたの地元の市民プレスのバナー広告スペースへの掲載権(サイドバー下・3年間)

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2016年3月

100,000

リターン4

10000円の引換券+
・名前入り市民記者名刺(100枚)
・バナー広告のオリジナルデザイン
・facebookなどのプロフィール画像に使える似顔絵
・あなたの地元の市民プレスのバナー広告スペースへの掲載権(タイトル横の常時表示位置・3年間)

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2016年3月

プロジェクトの相談をする