「何を使ったの?教えて! 」  


と、お客様が、私を見て驚いた顔で声をかけてこられました。

長年、お肌の乾燥に悩んだ私にとって、言葉がなくとも表情だけで喜びを伝えてしまうほど、とっても嬉しい言葉だったのを今も鮮明に覚えています。


何よりも、化粧品を販売していた私の荒れたお肌をみて、「大丈夫?」なんて声をかけられる毎日だったのですから。そのお肌の酷さがお分かりいただけるのではないでしょうか。


そのお客様の化粧品の良さの判断は、私のお肌の状態だったとのお話でした。
それを聞いて、私は一瞬戸惑いましたが、ある意味お役に立っていたのかと…。


それから数日後のこと。
私の変化を見て声をかけてくださったお客様が、お友達を2~3人連れていらっしゃいました。
「ね。この人のお肌よくなってるでしょ。」
突然の言葉に、私は意味も分からず、その場にただ笑顔で立っていました。

少しして、「あ。先日お声をかけてくださった方ですね。」
「あなたの変わり様を話すだけでは伝わらないから連れてきたのよ。見せて…。」
「ありがとうございます。ただ、残念ながら開発途中なもので、商品化にはまだ時間がかかります。申し訳ございません。」
「そうなの?残念。いつ出来るの?」
 。
 。
 。

そして、気づくと、ほとんどのお客様が私のお肌の状態を見ておられました。

「あなたが変わるならイイモノだと思う」と。


皆さん、揃ってお話くださったのは、
「みんな年を取っていくの。でもね、少しでも若くいたいじゃない。若く見られたいじゃない。せめて年相応に見えたらたいの。」


その時、私のお肌は荒れ放題。
そして、実年齢より老けて見られるたびに落胆。
お客様方の、そのオモイに寄り添うことが出来たように感じました。


そう。。。
私のお肌を見てくださったお客様の声から生まれた、
青森県産サメから開発された保湿美容液といえるかもしれません。
是非、お肌に悩む方へ届けたい。

いつまでも、笑顔で美しく若々しいアナタでいて欲しいから。



「ちょっと!あなたのお肌が良くなってるわよ!何を使ったの?教えて!」

「はい。青森県産サメから出来たの保湿美容液を使いました。このプロジェクト支援目標が達成することで、アナタへ保湿美容液を届けるという願いは叶います。」

このプロジェクトの終了は、2月28日23時。

みんなの願いを叶えたい。
一人でも多くのお肌の悩みのある方を笑顔にしたい。
そして、青森県産素材を使うことから地域貢献を。


終了前の目標達成に、
ご支援くださいますよう、
どうぞ宜しくお願いいたします!

Clarouse
小山内あけみ


新着情報一覧へ