READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

学びたいと願うすべての人にカンボジアのコミュ二ティ図書館を!

眞屋友希

眞屋友希

学びたいと願うすべての人にカンボジアのコミュ二ティ図書館を!
支援総額
337,000

目標 300,000円

支援者
31人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年01月06日 12:29

毎日の食事作りってほんと大変

みなさん明けましておめでとうございます。眞屋友希です。
本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

コミュニティ図書館は、子どもから大人まで楽しめる「みんなの遊び場」と言えるかもしれません。そんな場作りをするために、

 

まずは住民の人たちに図書館のことを知ってもらうこと。

そしてどんな場所なのか理解してもらうこと。
面白そうだと思ってもらうこと。


私たちは住民たちを集めて説明会を行いました。

                                               住民への説明会の様子

 

 

説明会では3つのグループに分かれて、それぞれの質問を投げかけました。


「どんなコミュ二ティ図書館になるといいでしょうね?」


「みなさんの村にある問題は何でしょう?」


「何をしている時が一番幸せですか?」

 

 

気心知っている住民同士、だけど改まった話を一緒にしたことなんてありません。

なんとか文字と絵を使って紙にまとめてもらいました。

 

自分のことを考えてみる時間なんて、今までなかったわ。
あの人も同じ悩みをもっていたのね。

 

何人かのお母さんたちが言いました。


「毎日の食事作りが大変なのよ。仕事の合間に火を起こして家族のご飯を炊かないといけないんだから。」
「ほんとにそう、火が付くまでに怖ろしく時間がかかるのよ。」

 

                                            住民が作成した「絵地図」

 

この話し合いを通して、生活の中で抱えている具体的な問題や、村での生活の様子、どんなことに楽しみを感じているかなど、お互いに対しての理解を深めることができました。

 

 

村のお母さんたちは、ゴザを編みながら、子どもをあやして食事を作って、幾つかのことを同時にこなしていきます。

 

さてさてそんな声に答えるために・・・

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼状と報告書

支援者
19人
在庫数
制限なし

10,000

・お礼状と報告書
・カンボジアシルクで作ったフラワーテッシュケース

支援者
8人
在庫数
制限なし

30,000

・お礼状と報告書
・カンボジアシルクで作ったフラワーテッシュケース
・カンボジアで作ったオリジナルTシャツ
・FBでお名前を公開

支援者
4人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする