こんにちは!安達です。

 

プロジェクト終了まであと15日!84万円、達成率は、56%まで来ました!

ありがたいことに、ご支援が増えてきています。

本当にありがとうございます。

大晦日まであと5日、年内に100万円に届きたいと思っています。

応援よろしくお願いいたします。

 

 さて、いまさらなんですが、「モスル」について、もっとわかりやすい地図でご説明しますね。

 

  【モスルとは 
 北部のニナワ県にあり、クルド自治区と県境を接した、イラク第2の都市です。
 世界史で有名な大河、チグリス川が、モスルの街を北西から南東に横断して流れています。


 しかし、2014年6月、IS(イスラム国)の台頭で、イラク軍の逃亡により都市全部が数日で占拠され、周辺村も含めて今日まで2年半以上、ISの占領下にありました。
 捕虜として捕えらえていた市民は、150万人と言われています。

 そのモスルの奪還作戦が、2年半を経て、ようやく10月17日に本格的に開始されました。
 激しい戦闘状態となるため、兵士以外の、普通の人たちは危ないので逃げ出しています。(当たり前ですが)


 その人たちを受け入れる避難民キャンプが次々とつくられており、今回はその人たち、子どもたちやお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんを対象に防寒着の配布を行います。

 

 なぜ、防寒着かというと、助けに来てくれた兵士に、「すぐに逃げろ!」と言われて、着のみ着のままで逃げている人がほとんどだからです。

 

 また、支援団体の多くが、多くの避難民が出ることを予測して、シェルターや生活物資、食糧等は準備していたのですが、奪還作戦の開始が秋にずれ込んだり、大勢の市民が人質に取られているので、慎重に進めざるをえないため、とうとう冬にずれ込んでしまったのです。

 

 そのため、防寒着の準備が間に合っていません!

 

 風の強い、吹きさらしの平原の中につくられたテント村!ここで一冬を過ごすためには、コートがどうしても必要です。株式会社ユニクロさんからご提供いただいたコート7500着のうち、2500着の輸送費が不足しています。

 

 2016年もあと5日!一人分でも多く、暖かいダウンやオーバー等を届けたいと思っています。どうぞ応援をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ