READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

余命半年、愛犬ココアの心臓手術にかかる費用の一部を支援してください

cocoamaru

cocoamaru

余命半年、愛犬ココアの心臓手術にかかる費用の一部を支援してください

支援総額

620,000

目標金額 600,000円

支援者
81人
募集終了日
2022年5月31日
プロジェクトは成立しました!

終了報告を読む


プロジェクト本文

▼自己紹介

 

初めまして、こんにちは!

私は大阪に住む高校生です。

 

 

 

 

 

私が大切にしている家族の一員、愛犬のココアについて、皆様にお願いしたいことがあります。

 

 

 

▼ココアについて

 

 

まず、うちの愛犬であるココアについてご紹介します。

 

2011年3月11日生まれ  現在11歳

 

散歩とダンボールとスイカのおもちゃが大好きな

チワワとマルチーズのミックス犬(男の子)です!

 

 

ですが、今は心臓に負担がかかるものは控えている為散歩もできずおもちゃで遊ぶこともできず家に篭りきりです😔

 

 

そんなココアの病気について詳細を説明していきたいと思います。

 

 

↑ 段ボールに入るココア🐶

 

 

 

 

▼手術をすることになったきっかけ

 

 

 

1年ほど前のある日、散歩するときはいつも元気いっぱいなココアが、

普段より息切れが激しいような気がして、かかりつけの病院に連れて行ったところ、心臓が悪いかもしれないと言われました。

 

 

その後に詳しく検査した結果、僧帽弁閉鎖不全症と診断されました。

 

完治が難しいらしく、薬をのませて症状の緩和をしていたのですが、

昨年の夏ココアの様子がおかしい為、急いで夜間病院に連れて行ったところ、

肺水腫を起こしており2.3日ほど入院する事態にまでなってしまいました。

 

 

その当時は死んでしまうのではないかと不安で涙が止まりませんでした。この画像と映像はその当時とその後のものになります。

 

 

 

https://youtube.com/shorts/cieqUF05y98?feature=share

 

薬代が毎月1万~3万ほどかかり、最初は2種類のみだった薬も気付けば7種類まで増えてしまいました。

 

 

 

こちらは今までの病院での領収書になります。(一部失くしてしまっているので、今までの全ての領収書ではございません。)

 

領収書の宛名は母親のものですが、実行者は娘である私の名前となっておりますので、そちらの相違点はご理解頂けますと幸いです。

 

 

 

 

↑領収書にまみれるココア🐶

 

 

このまま病気の進行を遅らせる事しかできないのかと思い、沈んだ気持ちでいましたが、ネットで調べたところ手術をすれば助かる可能性があると分かりました。

 

 

  かかりつけのお医者さんに、相談したところ、近畿動物医療研修センター附属病院を紹介してくださったので、

そちらの病院にも相談して、手術をする事に決めました。

 手術をお願いする病院は、大阪府東大阪市にある、近畿動物医療研修センター附属動物病院です。

 こちらで集まった資金は今後の手術と、検査にかかる費用、術後の入院代に充てさせていただきます。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

私の家は母子家庭でココア、母姉私の4人暮らしです。

 

実は、ココアが肺水腫で入院したとき、母は入院していました。

 

後に膠原病(難病指定のベーチェット病)と分かるのですが、その当時原因不明の足の痛み(血栓によるもの)で寝たきりになって、検査と療養のため1ヶ月ほど入院していました。

 

私も姉も、母が入院する前から1ヶ月くらい寝たきりの母の看病とココアの投薬で心身共に疲れていたときに

 

ココアが肺水腫になったので、本当に途方に暮れました。

 

母は飲食と営業の仕事を掛け持ちしているのですが、飲食の方はコロナ禍の影響で売上が減り、営業の仕事では足に患った病気のおかげで満足に働けていません。

 

母の病気も難病指定のものなので、完治は難しく、毎月病院に通ってココアと同じく1日に何個も薬を服用していますので、出費がかなり痛いみたいです。

 

さらに私が4月から専門学生という事もあり、学費のことで手いっぱいです。

 

姉もまだ社会人になって間もないので、まとまったお金を用意する余裕はありません。

 

薬代も今までかなりの額がかかっている為、かなり家計が厳しい状況です。

 

クラウドファンディングでわんちゃんや猫ちゃんの治療費を募ることは、世間ではあまり良くないこととされているのは認識しています。

 

勿論、ココアをお迎えした当初はお金にも余裕をもって育てていたのですが、

コロナ禍や母の病気、進学など色々なことが重なり、現状は厳しいものとなっています。

 

ココアの歳や手術予約の空き状況を考えるとこれ以上先に延ばすこともできず、この厳しい時期での手術となってしまいました。

 

 

クラウドファンディングをするか、しないかずっと悩んでいたのですが、

 

ココアの今後のことを考えると、歳も歳ですし、術後身体のケアも大事ですので、

少しでも皆様に応援をしていただきたいと、こちらを申請するに至りました。

 

 

恥をしのんでのお願いになりますが、

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

▼ココアの病気について

 

 

ココアは僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)という病気になりました。

 

僧帽弁閉鎖不全症とは僧帽弁がもろくなったり、厚くなったりしてしまうと、

弁の閉鎖機能が悪くなり、本来の血液の流れとは逆に左心室から左心房に血液が逆流してしまいます。

 

また、僧帽弁を支える筋に異常が起きた時も、同様に弁の開閉に支障をきたします。

 

これらの病態を「僧帽弁閉鎖不全症」と呼びます。

 

初期症状は「散歩の途中で座り込む」「寝ている時間が長くなる」といった程度で、

中度になると「散歩に行きたがらない」「食欲が落ちる」「運動後や興奮すると咳をする」などがみられるようになります。

 

さらに進行して重度になると、「ほとんど動こうとしない」「安静時にも咳が出る」「突然パタンと倒れる」「呼吸困難」などが起こるのです。

 

 

病気が原因で呼吸がおかしいココアの動画↓

 

https://youtube.com/shorts/UV0Q9sgxwzI?feature=share

 

 

心臓の力が弱まり、心臓から血液が流れ出ていかないわけですから、血液が心臓にたまり始めます。

 

そして、心臓にたまった血液は行き場を探して、肺に流れていきます。

 

肺の毛細血管に血液がたまっているのですが、それも限界を超えると、

毛細血管から血液中の水分が溢れ出て肺の中にたまり始めます。

 

これが「肺水腫」と呼ばれる状態です。

ココアはこの症状で夏頃入院し、危険な状態になりました。

 

このような「僧帽弁閉鎖不全症」の症状が出て投薬治療を開始した場合、約半年後の生存率が50%ほどだという統計が出ています。

 

「僧帽弁閉鎖不全症」の治療でもっともポピュラーなのが投薬治療です。

 

心臓の肥大を抑える薬や、不整脈を改善する薬などを使い、症状を緩和することを第一に考えた治療です。

 

もうひとつが外科的手術です。逆流を引き起こしている僧帽弁を修復し、根治を目指す手術になります。

 

投薬治療では僧帽弁の修復はできません。

手術はうまくいけば、もとの健康なからだを取り戻すことができます。

 

 (JASMINE どうぶつ総合医療センター.どうぶつ循環器病センター ホームページより引用)

URL: https://jasmine-vet.co.jp/book/

 

 

 

▼ココアの今の状況について

 

 

ココアは今薬のお陰で夏頃より少し心臓の状態が安定してきてはいるのですが、やはり完治することはありません。

 

また利尿剤を二種類服用しており、この服用を続けると腎臓が悪くなります。

 

 

悪くなった腎臓は元に戻ることはないそうなので、このまま投薬治療を続けるのは避けたいです。

 

 

既に腎臓の数値が利尿剤の影響で高くなっている為、手遅れになる前に一刻も早く投薬をやめられる体にしてあげたいと思っています。

 

こちらは手術予定の病院でもらったものになります。

赤くなっている部分が賢臓の数値です。

 

腎臓の他にも、病気(僧帽弁閉鎖不全症)が原因で標準値でない項目があります。

 

 

 

 

 

このままだと、いつ体調を崩して動けなくなってもおかしくないほど病状は進行しています。

 

私はココアと兄弟姉妹のように育ったので、まだまだ一緒に生きていたいです。

 

 

ココアは11歳、体重は3kgあったのですが、最近は薬に警戒してあまり食べられず、2.8kgまで減ってしまいました。

 

 

心臓に負担がかかるので、お散歩にも行けませんし、好きだったご飯の時間も楽しめず、全く喜びの無い人生(犬生)を毎日過ごしていて、ココアの気持ちを考えると悲しくなってきます。

 

 

 

興奮や温度差による心臓への負担を避けるため、お風呂に入れることも、トリミングにも連れて行けないので、

ちょこちょこ自宅でカットされているココア↓

 

病院に行く度、どこかに出かけられると勘違いしてとても嬉しそうにするココアをみて心が痛くなります。

 

 

太陽のもとで散歩するのが大好きなココアを、もう一度外で思いっきり遊ばせてあげたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

▼目標金額を達成したら

 

全額ココアの手術代・入院費・薬代に使わせて頂きます!

 

そして、ココアの元気になった姿を支援者の方に見て頂きたいです。

 

 入院がどれだけ長引くのか、ココアの体調はどうか、などによって金額は変わるそうですが、相場は120万円から150万円と言われています。

  

 こちらは最新の診療明細書です↓

 

 

▼リターンのご紹介

 

 

リターンについては、只今グッズデザインを作成中です。

 

ココアが落ち着いた頃に、お世話になった皆様に恩返しとしてココアモチーフのグッズを送ろうと思っています。

 

 

可愛くデザインする予定ですので、ココアグッズゲット(ココアへの支援)のつもりで、ご寄付いただけると大変ありがたいですし、ココアも皆様に身につけてもらえると嬉しいかと思います。

 

具体的なものとしては、ココアのマスキングテープやボールペン、Tシャツなどを予定しています。

 

詳しい情報はTwitterやInstagramにてご確認いただけますと幸いです。

 

随時更新していきます。

 

クラウドファンディングを申請するにあたり、ココアの気持ちになって色々考えてみたのですが、やはり本人の気持ちは本人にしか分からず…

 

だけど、飼い主としては、ココアの分身(グッズ)が色々なところへ旅をすると考えると、

散歩好きのココアが色んなところに行けたような感じがして素敵だなと思い、このような形でのリターンを考えました。

 

リターンについてご質問等ありましたらTwitterのDMなどでお問い合わせください。

 

 

 

▼手術予定の病院

 

大阪府東大阪市にある近畿動物医療研究センターという病院です。

 

手術日は4/7なのですが、その後よくて1週間、長ければ2週間〜3週間入院します。

ですので、こちらのプロジェクトは入院の期間も含んだ日付まで募集させて頂きます。

ご了承下さいませ。

 

 

▼手術をするココアへの想い

 

 

ココアは最近痩せてきていて、腎臓の数値も高くなってきているので、とても心配です。

 

薬をあげる際もとても抵抗して暴れてしまい、2人がかりで抑えてシリンジであげないといけないので、早く薬を飲まなくていいようにしてあげたいです。

 

 

ココアに薬をあげている様子↓

 

 

手術が成功し体調が安定したら、ワンちゃんも楽しめるようなレジャー施設に連れてってあげたいと思っています。

 

 

腕のよい先生とお聞きしていますし、実際お会いした時も、親身にお話を聞いてくださり、

手術についてのデメリットや、メリットを分かりやすく実例を提示しながら教えてくださったので、信頼してお任せしたいと思っています。

 

 

 

 

考えたくはないですが、ココアの身に万が一のことが起こり、亡くなってしまった場合、今までココアが食べていたご飯や飲んでいた薬代に充てさせていただきます。

 仮に、容態の悪化によって主治医より手術が困難であると判断された場合には、手術を延期し、次回の手術費用に充てさせていただきます。

 詳細については新着情報およびストーリーでご報告いたします。

 

 

うちのココアのことなのにクラウドファンディングに頼っていてもいいのか、

ずっと長い間半年ほど迷っていたため、

直前のプロジェクト申請になってしまいました。

 

 

 

ココアはどうしてほしいのか考えていたのですが、

私としては、より多くの人から応援してもらった方がココアも人気者になれて嬉しいのではないかと思い、皆様にお願いすることを決めました。

 

 

勝手なお願いではありますが、ココアのために少しでも応援していただけると嬉しいです。

 

 

 

 

本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。
連絡先:Twitterのダイレクトメッセージ

https://mobile.twitter.com/cocoamaruyakedo

 

 

 

 



READYFOR事務局:
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え
 

 

 

プロジェクト実行責任者:
難波 愛生
プロジェクト実施完了日:
2022年4月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

愛犬ココアが近畿動物医療センターにて僧帽弁閉鎖不全症の僧帽弁形成手術をして、その後1~3週間程度入院します。 集まったお金は全額、手術・入院費に充てさせていただきます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金で対応いたします。

プロフィール

cocoamaru

cocoamaru

愛犬ココアについて 2011年3月11日生まれの11歳男の子 チワワとマルチーズのミックス犬です。 おれは大阪弁が得意で散歩が好きです。 おもちゃのスイカがお気に入りやねんけど、最近は興奮するからと言って飼い主に奪われがちです。 あと、なんか飼い主は一日に3回も俺を押さえつけて口にピンクの水を入れてきます。 やられているときは腹立って嚙んだりするけど、後でめっちゃ謝ってくるので正直戸惑います。 おれのためにやってるらしいけど、おれも嫌やし、飼い主もしんどそうなので何とかなればいいなと思っています。

リターン

500+システム利用料


alt

Twitterでの報告

Twitterにて活動報告を行わせていただきます。

支援者
22人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

1,000+システム利用料


alt

写真

Twitterには掲載していない可愛いココアの写真を郵送にてお送りします。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

3,000+システム利用料


alt

Twitter での報告

Twitterにて活動報告を行わせて頂きます。

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

5,000+システム利用料


ココアのTシャツ

ココアのTシャツ

ココアのTシャツを郵送にてお送りします。製作中ですので、情報はTwitterにて発信していく予定です。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

10,000+システム利用料


小さめのココアグッズ×2、ココアのTシャツ

小さめのココアグッズ×2、ココアのTシャツ

小さめのココアグッズと、ココアのTシャツを郵送にてお送りします。
小さめのグッズは製作中ですが、予定ではマスキングテープとボールペンを想定しています。
随時、情報はTwitterにて発信していきます。

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

30,000+システム利用料


alt

Twitterでの 報告

Twitterにて活動報告を行わせて頂きます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

50,000+システム利用料


alt

Twitterでの 報告

Twitterにて活動報告を行わせて頂きます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

100,000+システム利用料


alt

Twitterでの報 告

Twitterにて活動報告を行わせて頂きます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

プロフィール

愛犬ココアについて 2011年3月11日生まれの11歳男の子 チワワとマルチーズのミックス犬です。 おれは大阪弁が得意で散歩が好きです。 おもちゃのスイカがお気に入りやねんけど、最近は興奮するからと言って飼い主に奪われがちです。 あと、なんか飼い主は一日に3回も俺を押さえつけて口にピンクの水を入れてきます。 やられているときは腹立って嚙んだりするけど、後でめっちゃ謝ってくるので正直戸惑います。 おれのためにやってるらしいけど、おれも嫌やし、飼い主もしんどそうなので何とかなればいいなと思っています。

あなたにおすすめのプロジェクト

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~ のトップ画像

あわねこサポーター ~保護猫園児の医療費のご支援を~

NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園NPO法人 動物愛護団体 あわねこ保育園

#医療・福祉

継続寄付
総計
49人

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
甜菜栽培を実験中!冷涼な気候を活かして信州産てんさい糖を作りたい。 のトップ画像

甜菜栽培を実験中!冷涼な気候を活かして信州産てんさい糖を作りたい。

藤田九衛門商店藤田九衛門商店

#フード

105%
現在
2,101,000円
支援者
137人
残り
4時間

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする