READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

ウガンダの子供達に、安心して眠れる環境を届けたい!

谷口 祥平

谷口 祥平

ウガンダの子供達に、安心して眠れる環境を届けたい!

支援総額

494,000

目標金額 410,000円

支援者
59人
募集終了日
2014年9月29日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年09月27日 21:50

あなたでなければ、誰が? 今でなければ、いつ?

こんばんは、実行者の谷口です。

 

プロジェクトは残り50時間を切りました。

ベッドシーツを届けるために、あと12000円のご支援が必要です。

どうぞ、ご協力お願いいたします。

 

 

 

私自身は、26日の深夜に無事に帰国いたしました。

帰国してからこの間、

NGOを紹介してくれたアイセック早稲田大学委員会の全体会議に出向き、

現地の方々の言葉を伝えにいきました。

 

 

 

 

ウガンダで感じたこと、経験したことを忘れないように

日本に帰ってきたからといって、ウガンダとのつながりを切らないように

自分ができることを重ねていこう

 

と、帰国してからは自分自身に言い聞かせています。

 

 

このような気持ちでいるときに、国連での名スピーチを聞きました。

 

ハリーポッターでハーマイオニー役をしていたエマ・ワトソン。

彼女がUNWomen親善大使として、9/20に国連でスピーチをしました。

 

このスピーチにとても共感したので皆様にもぜひ観ていただきたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=jQbpLVI6DwE

 

 

「If not you, who? If not now, when?」

「あなたでなければ、誰が? 今でなければ、いつ?」

 

彼女が、国連という大舞台で伝えたこの言葉。

世界を動かす大きな舞台は、自分の活動の規模とは全く異なります。

しかしこの気持ちは、

このプロジェクトを実行し始めた時の自分の気持ちと同じでした。

 

なんの努力もしていないのに、たまたま日本という地に生まれた自分。

大学まで十分に教育を受ける機会を享受してきた自分。

たまたまHAPPPY TIMESで活動することになった自分。

この自分が声をあげなければ、誰がやるんだろう。

 

プロジェクトを立ち上げた時の強い想いを思い出しました。

 

 

 

 

残り50時間ですが、

少しでも支援の輪が広がるように、

このプロジェクトを通じて世界とつながる人が増えるように、

最後まで頑張りたいと思います。

 

残りわずかですが、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

◆活動の経過と結果をメールにて報告

支援者
31人
在庫数
制限なし

10,000

alt

◆子ども達直筆のサンクスレター
◆活動の経過と結果をメールにて報告
◆子ども達とNGO職員が作ったアクセサリー
◆活動報告書にお名前を掲載させていただきます

支援者
26人
在庫数
制限なし

30,000

alt

◆子ども達直筆のサンクスレター
◆活動の経過と結果をメールにて報告
◆子ども達とNGO職員が作ったアクセサリー×2
◆活動報告書にお名前を掲載させていただきます
◆ウガンダの紅茶の葉

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする