READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

ウガンダの子供達に、安心して眠れる環境を届けたい!

谷口 祥平

谷口 祥平

ウガンダの子供達に、安心して眠れる環境を届けたい!

支援総額

494,000

目標金額 410,000円

支援者
59人
募集終了日
2014年9月29日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年09月28日 18:26

残り29時間!あと9000円!

こんにちは!実行者の谷口です。

 

本日1名の方からご支援をいただき、

ベッドシーツを届けるまであと9000円となりました!

ありがとうございます。

 

最後まで頑張りますので、

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

 

さて、今回はベッドとは離れて、

わたしたち日本人がいかに恵まれた生活をしているのかをお伝えしたいと思います。

 

 

蛇口をひねれば、水はもちろんのことお湯まで出る日本。

ウガンダでは、こんなことはありません。

 

ウガンダの水道普及率は4.8%。(WHO 2012発表データより)

 

水を確保するために、人々は井戸を使用しています。

そして数は限られているため、町の人々が共有してます。

 

 

 

20リットル入るポリタンクをいくつも用意し、

これに水をためて、自宅へ持ち帰ります。

 

掃除、洗濯、シャワー、飲料水まですべての水をここで確保するため、

その量は写真にある通り膨大です。

 

自宅もそう近くはありません。水道から自宅まで片道1kmなんてこともあります。

 

これだけの量の水を、

片道1kmを持って歩くことはかなりの肉体的負担となります。

 

 

 

 

 

井戸が遠い場合には、溜め池の水を使います。

自然のままなので、その水は濁っています。

 

 

 

そして、水道を持っている家庭でも、

水道が使える時間は朝の2時間ほどだけ。

 

そのため、朝はポリタンクに生活用水をためます。

 

 

生きるうえで欠かせない水。

これを確保するだけでも、日本とウガンダには大きな差があります。

 

蛇口から水が出ることは当たり前でありません。

こうしたところでも私たちは恵まれているのです。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

◆活動の経過と結果をメールにて報告

支援者
31人
在庫数
制限なし

10,000

alt

◆子ども達直筆のサンクスレター
◆活動の経過と結果をメールにて報告
◆子ども達とNGO職員が作ったアクセサリー
◆活動報告書にお名前を掲載させていただきます

支援者
26人
在庫数
制限なし

30,000

alt

◆子ども達直筆のサンクスレター
◆活動の経過と結果をメールにて報告
◆子ども達とNGO職員が作ったアクセサリー×2
◆活動報告書にお名前を掲載させていただきます
◆ウガンダの紅茶の葉

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする