こんばんは!実行者の谷口です。

 

29日の23時を持ってプロジェクトが成立いたしました。

 

応援をしてくださったみなさま、
支援をしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

正直に言うと、
プロジェクト開始当初は本当に不安で、弱気になることもありました。

 

「410000円なんて、無理なんじゃないか」

「目標金額をもっと下げるべきじゃないか」

 

という漠然とした不安。

 

 

「410000円か。厳しそうだね・・・」
「それだけのお金を集めて、ベッドの購入ってつまらないよ」
「日本にいてもできることやって何してんの?」

 

という周りからの厳しい意見。

 

 

 

そんなときは、
目の前の子ども達を見て、

 

「子どもたちが求めていることはたくさんある。
 恵まれた環境で育った自分には、この子たちのために出来ることがある。
 ウガンダにいる間だけでも自分がもつすべてを、この子たちに捧げよう」

 

と自分自身に言い聞かせました。

 

 

 

そして、日に日に広がる支援の輪。
それに伴い変わる心境。

 

「子ども達のために、自分が頑張ろう」

 

「応援してくれる人がいるから、頑張ろう」

 

「応援してくれる人のためにも、頑張ろう」

 

「どんなに想いがあっても、

 どんなにウガンダに来たくても、この地に来れない人もいる。
 ウガンダにいれる恵まれた自分だからこそ、この機会に感謝して頑張ろう。」

 

 

「支援者の方々の想いを、ウガンダの子ども達に届けよう」

 

 

今では、

支援してくださった方、応援してくださった方の想いがあってこその、

プロジェクトの成功だと思っています。

 

 

みなさまの想いをベッドにのせて、

ウガンダの子ども達へ安心して眠る環境を届けられることを誇りに思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

<< 支援者のみなさまへ >>

 

ご支援をいただき、誠にありがとうございました。

 

ウガンダの子ども達、職員も本当に喜んでおります。

彼ら・彼女らを代表して、まずはこの場でお礼を言いたいと思います。

 

そして明日から

支援者のみなさまに、個別にお礼のメールを送らせていただきます。

 

(※支援の際にご記入いただいたアドレスにメールを送らせていただきます)

 

メールの内容は以下の通りです。

・現地の方からのお礼の言葉 と 谷口からのお礼

・引換券の確認

・今後のスケジュールの報告

 

お手数ですが、

引換券の内容を確認するためにも、

メールを確認し、そのメールに返信していただけるとありがたいです。

 

 

ベッドが子ども達に届くまで、

決して気を緩めることなく最後までやり抜きます。

 

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

 

谷口

新着情報一覧へ