READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

愛媛で美味しく障害者支援するエイブルクッキーBOXを作りたい

野本 英教

野本 英教

愛媛で美味しく障害者支援するエイブルクッキーBOXを作りたい
支援総額
562,000

目標 500,000円

支援者
45人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年11月06日 19:12

【エイブルクッキー】 理由 【障害者支援】

  昨日障害者支援事業所で今回のプロジェクトの話をしていたところ、事業者の方から「新しいビジネススタイルだね。」と感心されました。

 

  実は未だにあまりビジネスを意識していないのが実情です。(その点で先日も生活していく方法を考えるよう指摘されました…大いに反省!?…。)

 

 けれどもそれ以上に(愛媛では誰にも負けないくらい)企業の社会貢献や社会というものは意識しています。(言い訳…)

 

(イメージ)

 

 ところで今でもすごく覚えていることがあります。

 

 高齢者福祉の仕事を終えて、自分が好きなこと、地域(愛媛)に関われることがやりたいと思い、そんな仕事はないものかと探していた時、同じように愛媛の良さを伝えていこうとしている人に出会いました。(その方から県庁の仕事を紹介してもらいました。)

 

 その方に会い、私のこれまでやって来たこと、そしてこれからしたいこと、夢を長々と情熱と共に語らせてもらいました。

 

 ひとり話しまくり、満足してその方と別れた数時間後に知ったこと。

 

 それは私がまさに夢を語っている最中に、東日本大震災が起こっていたということです。

 

 無茶苦茶考えさせられました。

 

 何故自分がこれから新しい世界に進もうとしていたまさにその時に、一方で未曾有の大災害が発生したのか?一体どんな意味があるのだろうと。

 

 もしかしたらたまたま偶然だったのかもしれません。(けれども私の性格として意味を考えてしまうのです。)

 

 仕事もしていない時だったので、東北まで行きたいと思いましたが、家の都合で行くこともできませんでした。

 

 結局私が出した結論は、東北に対して何もできないけれど、その分地元愛媛で社会や地域のためになることをやっていこうということでした。

 

(イメージ)

 

 と言うことで、現在私がやるべきこと(やりたいこと)は、障害者の作ったクッキーや製品を多くの人に知ってもらい、彼らがもっと社会参加できるようにしていくこと。

 

 エイブルクッキーBOXの製作は3年半前に描いたライン上に位置しています。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

サンクスレター
エイブルクッキーセット

支援者
31人
在庫数
制限なし

10,000

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ
障害者施設で作られたマグネット等小物数点

支援者
11人
在庫数
制限なし

30,000

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ
障害者施設で作られたマグネット等小物数点
エイブルクッキーボックス

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ(2セット送ります)
障害者施設で作られたマグネット等小物数点(30,000円のものより多め)
エイブルクッキーボックス

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

サンクスレター
エイブルクッキー詰め合わせ(4セット)
障害者施設で作られたマグネット等小物数点(50,000円のものより多め)
エイブルクッキーボックス(2個)

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする