この度、就労移行支援事業所の検索や就職に関する情報が知れるメディア「salad」の運営や、今までにない障害を抱える方向けの雇用創出プラットフォームを運営している森康之(もりやすゆき)さんから心強い応援メッセージをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

=======ここから=======

KnowDo(ノウドー )合同会社の代表、森康之です。

 

障害を抱える方向けの雇用創出プラットフォームとして、障害を抱える求職者側が、企業に仕事を提案できる今までにないサービスを運営しています。


渡航メンバーの日野さんには、ウェルサーチのなかで私の取り組みの取材をしてくださったり、弊社の事業に関心を持ってくださりそうな方を紹介してくださるなど、とてもお世話になっています。


日本は、おもてなしの文化として礼儀正しい方が多いいっぽうで、自分と異なる特徴を持つ方への想像力や配慮といった文化に少し欠けるところはあるのかなと個人的には感じます。

 

島国で、日本語のみ活用する文化があり、多様な文化が国の中に存在する大陸の国々とは異なる地政学的な影響もあるのだと思います。

 

自らと異なる特徴や特性を持つ方に対し、どのように接することが望ましいのか、そのノーマリゼーションの本質を捉える本プロジェクトを応援しています。


障害を持つ方がどのようにサポートを受ければよいか?支援者はどのようにサポートすればよいか?具体的にどのように行動すればいいかは、想像するだけでは難しいものです。


そのために、この教育が当たり前となっている「ノーマリゼーション」先進国の文化を知り、日本の文化のなかで浸透できるように実行する本プロジェクトはとても意義深いものです。ぜひ応援お願い致します。

 

=========================

 

森さん、すてきな応援メッセージをくださり、本当にありがとうございます。

 

森さんは、就労移行支援事業所の検索や就職に関する情報が知れるメディア「Salad」を運営されております。

 

デンマークの「障害者雇用」という観点からも現地でリサーチし、日本に持ち帰ってこれればと思います。

 

プロジェクトメンバー共々、尽力を尽くしていきますので、ぜひご支援・応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

新着情報一覧へ