おはようございます。

 

今日も朝から暑くなりそうです。

 

ドルフィンキャンプ開催まであと6日となりました。

そしてREADYFORはあと2日です。目標金額まであと少し。

どうか応援よろしくお願いします。

 

毎年のことですが、ドルフィンキャンプ前になると天気予報に張り付いて台風情報が気になります。島での開催、台風が来ればもちろん影響が出ます。海にも出れなくなります。ただこれも自然のことで、受け入れるしかありません。どうかいい天気になるよう祈るのみです。それにしても今年はまだ台風が一個しか生まれていない異常気象。。。

 

 

 

 

そして一番大事な安全管理をなんども確認しているところです。キャンプの始まりから最後までの安全管理が全てです。このドルフィンキャンプは大人でもドキドキしてしまうようなドルフィンスイムをこどもに経験してもらいます。島の外海で勇敢にこどもは海に入ります。一回に海に入るのは3人のこども(ライフジャケット付き)で、3人のスタッフでこどもの水中安全管理をします。さらに船の上からもスタッフが安全を確認しています。

 

 

 

今回お世話になる民宿吉兼の飯沼さんは、三宅太鼓の第一人者。僕らのキャンプの趣旨を理解してくれ、助けてくれていて頼もしい限りです。その他、去年出会って、いろいろと助けてくれている三宅島の小学校の先生の京ちゃん。昨日は現地で、このキャンプのためのキャンプファイヤー用の流木をたくさん集めてくれていました。本当に感謝です。

その他、ドルフィンスイムでお世話になるスナッパーさんや、菊池農園など、現地でお世話になる方がいないとなにもできないキャンプなのです。ローカルの方々へのリスペクトをこどもたちにも伝えさせてもらいます。

 

 

 

 

ドルフィンキャンプは、民宿一泊とキャンプ二泊です。キャンプ道具、調理道具、安全な無添加の食材全てこちらで準備しています。毎回ものすごい量の荷物を東海汽船に持っていくのも慣れてきました。笑

 

 

 

 

今回もいろいろな協賛企業に商品のサポートを受けることもできました。僕らのような小さな団体の主旨を理解してくれて助けてくれる一般企業があること、とても嬉しく思います。そして、仲間だったり、キャンプを応援してくれている人がいるから頑張れるのです。

いろいろへこんだり、悩んだりすることだらけなのですが、理解してくれて賛同してくれる人がいるのが一番心強く勇気になっています。

 

 

泣いても笑ってもあとキャンプまで突っ走って、最高の冒険をプレゼントしてきます!

 

どうぞ最後まで応援よろしくお願いします!!

新着情報一覧へ