READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

超高齢化する「これから」を、多世代で話す場をつくりたい!

山内 泰

山内 泰

超高齢化する「これから」を、多世代で話す場をつくりたい!

支援総額

462,000

目標金額 400,000円

支援者
60人
募集終了日
2014年1月31日
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年01月19日 22:54

超高齢化とケアの問題①

 

超高齢化する「これから」のために:ケアする人のケアセミナー


超高齢化する日本社会で、「これから」を見据えた活動が九州でも数多く取り組まれています。本日(2014.1.19)は「ケアする人のケアセミナー<九州大会>」が実施され、本プロジェクトの代表山内も参加してきました。



プログラムは午前中からみっちり午後まで。認知症のお母さんの介護をユーモラスに描き、更には映画が大きな話題となっている「ペコロスの母に会いに行く」の岡野さんをはじめ、九州で様々なケアに取り組んでいる方々が、「医」「食」「住」の各テーマ毎に、実例をベースに、経験豊かな言葉を語るセミナーでした。


疑似家族・共暮らし・集団の力


どのお話も興味深かったのですが、中でも、大分は別府市の「NPO 法人たすけあい組織鼓楼」の田原さん、そして有名な宮崎市のホームホスピス「かあさんの家」を運営される市原さん(NPO 法人ホームホスピス宮崎理事長)、そして鹿児島市のNAGATA TOWERの堂園さん・北村さんのお話には、強い感銘を受けました。


というのも、いずれの例も、今までの家族や血縁、地縁を超えた《新しい人々のつながり》が、いきいきとしたかたちで営まれているからです。


次回の更新では、こうした諸先輩方のお話から、印象的なエピソードをご紹介していきたいと思います!

___________


私たちのプロジェクト「超高齢化する『これから』を、多世代で話す場をつくりたい!」は、現在【64%:258,00円】のご支援をいただいております。


もう一押し!(のコーナーにもいれていただきました!)ですので、ご支援をはじめ、周知・拡散のほど、ご協力どうぞよろしくお願いいたします!

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

1)感謝の気持ちを込めて。素敵なサンクスレター
2)WEBページ、レポートへのお名前記載

支援者
33人
在庫数
制限なし

10,000

alt

1)感謝の気持ちを込めて。素敵なサンクスレター
2)WEBページ、レポートへのお名前記載
3)多世代で織りなす「これからのこと」。未来を予感させる充実の報告レポート(冊子)
4)ドネルモ山内プレゼンツ。福岡にいるから知ってる!福岡の美味しいもの

支援者
27人
在庫数
制限なし

30,000

alt

1)感謝の気持ちを込めて。素敵なサンクスレター
2)WEBページ、レポートへのお名前記載
3)多世代で織りなす「これからのこと」。未来を予感させる充実の報告レポート(冊子)
4)ドネルモ山内プレゼンツ。福岡にいるから知ってる!福岡の美味しいもの
5)ドネルモ超会議(活動報告パーティ・年1回開催)へのご招待(交通費支援者負担)

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする