胸がいっぱいで、身体の底から湧き上がってくる感動と、本気で心が震えるような、そんな2日間でした。書きたいことはたくさんあるのに、あの瞬間、あの空間、あの笑顔が全てだから、文字にするのがもったいなくなってしまう。こんな感覚は、初めてです。
 
「摂食障害」を脱ぎ捨てて、全力で女の子を楽しんでもらう2日間。「過食や下剤に使ってきた1万円で、自信をつける方法や人に感謝を伝えるものがたくさん手に入る」「過食や下剤に使ってきた右手で、誰かを笑顔にしたり人の温かさを感じることができる」そんなことを全身で彼女たちに届けたつもりです。
 
「摂食障害になったからこそ、こんな素敵な出会いがあったんだ」なんて悲しい言葉が出てこないように。摂食障害になっていなくても、私たちがちゃんと周りを見渡せば、たくさんの素敵な出会いは転がっているし、胸がいっぱいになるような毎日を送ることもできる。今回みたいに「人の変わりたい」を全力で応援してくれる人は絶対にいる。個人的に、そう強く思っています。この感動も、この出会いも、きっと、摂食障害だったことは理由になりません。
 
私の10年間分の想いが、全部、全部、全部、この2日間に詰まっています。伝えたいことはたくさんありますが、クラウドファンディングに多額のご支援をしてくださった方々への報告会にてこの2日間をお伝えしてから、女の子たちの声や、キラキラの笑顔を改めて共有させていただこうと思います。
 
 
取材などは続きますが、この修学旅行で、私は「摂食障害」にけじめをつけます。でもこの修学旅行を通して、同じ想いをもつたくさんの方と出会いました。一緒にできることがあると、心から確信しました。まだまだ、届けられる人がいる。まだまだ、伝えたいことがある。私のこれからについても、また改めてどこかでお伝えしたいなあ。
 
本当にしんどかった!苦しかった!大変だった!辛かった!二度とやりたくないって300回は思った!でも私たちはがんばった!だから本当に楽しかった!最高だった!幸せだった!やってよかった!やりきった!後悔がない!そして今すごくすごく寂しい!でも#わたしだって変われる。だから新しい自分を始めるんだーーーー!
  

◇◇◇ Special thanks ◇◇◇
 
◼︎ご支援:214名の皆様
https://readyfor.jp/projects/eating-disorders/comments
一人一人、お返事させていただいております。本当に、ありがとうございました。
Nami Kotaniさんのサポートなしにはここまでこれませんでした。ありがとうございます。

◼︎スポンサー:山本 健太郎​ Satoru Tehu Cho
資金だけでなく、気持ちの面でも大きな支えでした!ありがとう!
 
◼︎会場: 泊まれる学校 さる小 猿ヶ京小学校スポーツアカデミー
https://www.sarusho.com/
この○○修学旅行は、さる小でなければなりませんでした。ファンとして発信し続けます。絶対にまた行きます!

◼︎ヘアセット:美容室「nora journey」
http://www.nora-style.com/journey/
サロン総代表の田中さん、ヘアデザイナーの新井さんが早朝に駆けつけてくださいました。私は常連客になりました。笑
下山 あやかちゃん素敵な方を紹介してくれて、本当にありがとう!
 
◼︎メイク:小嶋 絵美さん 石岡 悠希さん
女の子たちに大きな変化を届けてくださりありがとうございました。両手のパワーは想像以上に素晴らしく、圧巻でした。
 
◼︎しおり:平津 優ちゃん
この修学旅行にぴったりのしおりを作ってくれてありがとう。私たちの一生の宝物になりました。

◼︎イメージイラスト:上園 海ちゃん
たくさんの方に、一緒に想いを届けてくれてありがとう。心強いパートナーでした。

◼︎ヨガマット:ホットヨガスタジオ「LAVA」
ヨガマットのプレゼント、ありがとうございました。ヨガを通して得た時間、人と触れ合う瞬間は最高の思い出です。

◼︎プレゼント:知花さま
髪飾りのプレゼント、本当にありがとうございました。ラインのアイコンに変えている子もたくさんいて、私たちを繋ぐ印になりました。
 
◼︎当日サポート
河野 紗季
「メイクをする側」としてもだけど、彼女たちの新しい生き方のひとつとして示してあげたかったの。だから来てくれてありがとう!
Tomoyo Miyano
下見のおかげで、ロジがズレることなく全て回ったよ。あと、最後のメッセージがすごく嬉しかった。ありがとう。
多和田 容子
色んな視点で修学旅行を楽しんでくれてありがとう。細かな気遣いで、たくさん助けられました!
 
◼︎参加者のご両親
女の子たちの勇気を一緒に応援してくださり、本当にありがとうございました。皆さんも大きな協力者だと思っています。
 
◼︎○○修学旅行実行委員メンバー
えりか
台風がきてみんなが延期しようという中で、えりかだけはブレなかったね。私が想い描くものを誰よりも信じて、いつも背中を押してくれる。えりかの信じる強さは、誰にも負けないと思います。ありがとう。
とみー
みんながしんどくてボロボロになったとき、私がとにかくイライラしてるとき、自分も大変なとき。弱音も辛さもこの半年間一切見ることなかった。とみーのおおらかさはどんな組織をも支えるね。ありがとう。
はっしー
最初はただの心の支えと思っていたんだけど。笑 メンバーに欠かせない存在だったね、本当に。はっしーはムードメーカーだよ!仕事で大変な時期なのに、会議は皆勤賞だったね。仕事も私生活も、いつもありがとう。
こりな
誰からも愛されるそのパワーは誰にも真似できないね。誰よりも参加者と一番近い距離で、彼女たちと思い出を作ってくれてありがとう。どんな人も包み込んでしまうその温かさずっと大切にしてね。ありがとう。
まあや
当日来れなくて残念だったけど、ずっと一緒に走ってくれてありがとう。まあやが女の子たちに伝えられることはきっとたくさんあったはずだから、これから一緒に届けていこうね。ありがとう。
いとよ
いとよんのヨガは、一部の人のものだけでなくて、誰もが自分を考え直し生活を豊かにするパワーがあると感じたよ。優しすぎて苦しいこともあるかもしれないけど、でも届けてほしい!ありがとう。
しほやん
感受性ありすぎるところも、ねちっこさも、すぐ本質捉えようとするところも。人間らしいしほやんにみんな惹かれるんだと思う。もう妹じゃなくてチームだと思ってるからこれからも頼むぞ!ありがとう。
 
最初から最後まで、意見も価値観も揃わない8名でした。でも私たちだからこそ、この○○修学旅行を創り上げることができたという自信があります。私たちじゃないと絶対にできなかった。どう病気と向き合うか、どう自分の仕事との優先順位をつけるか、たくさん悩んだ半年間だったと思います。それでも一緒にがんばってくれて、本当にありがとう。
泣きながらほっと一息ついてる君たち!まだまだ終わらないよ!まだまだお願いするよ!これからもよろしくね!
  
「○○修学旅行〜わたしだって、変われる〜」
    実行委員長 野邉まほろ

 


※写真は、撮影許可をいただいた方のみで撮っています。

新着情報一覧へ