プロジェクト終了報告

2019年05月01日

ロボットアプリ完成!そしてNEXTステージへ!

ご支援いただきました皆さま、クラウドファンディングをSNSで拡散、シェアしていただいた皆さま、このプロジェクトを応援していただいたすべての皆さま、本当にありがとうございました!

 

エコルド・グループの北村耕太郎です。

 

2019年3月29日に終了した「療育用ロボットアプリ開発」プロジェクトは無事に目標200万円に対して、203万円を集めることができました!

そして、4月11日にプロジェクトを進めていた株式会社ロゴス、その他多くの関係者とともに療育用ロボットアプリ「スマート発達診断」が完成しました!

 

 

私たちのこの療育用ロボットアプリ開発プロジェクトはここで終了ではありません。

クラウドファンディングは一つの区切りがつきます。しかし、ここから新しい未来への創造が始まります。

 

療育に通う子どもたちは2歳から6歳の乳幼児さん、小学生や中学生などの就学児さんとそれぞれですが、子どもたちが生きる未来にはロボット、IoT、ICTなど様々なテクノロジーが発展した社会環境の中で生きていくことになるのです。

 

しかし、まだまだ療育を中心としたロボットアプリやICT教材はほとんどありません。

私たちは、療育に通う子どもたちに少しでもロボット、ICTなどあらゆる機会を通じてテクノロジーを触れ、チャレンジをしていく機会を作っていくつもりです。

 

その第一弾がこのプロジェクトでした。

 

そして、皆さまの応援により無事に完成、リリースすることができました!

これからも随時、この未来を創造するための続きを掲載していきたいと思います。

 

第2弾、第3弾はすでにプロジェクトが進んでいます。

このページで出会った多くの皆さまには私たちエコルドの歩みをご報告し続けていきたいと思っています。

 

これからも皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

※クラウドファンディングで集まった資金のほとんどはロボットアプリ開発費用、その他関連費用(出張費、お打ち合わせ、アップデート費用など)に使わせていただいております。

 

エコルド・グループ

代表 北村耕太郎