みなさま、こんにちは。
ジョイセフでネパール担当をしております柴(しば)です!

ちょうどこのプロジェクトが立ち上がった時に、ネパールに出張中であったこともあり、皆様へのご挨拶が遅れてしまいまして、大変申し訳ありません。

既に、ご支援いただきました皆様、本当にありがとうございます!
大変嬉しいです。

今回も、沢山のネパール女性や女の子たちの声を聞いてきました。
そして、彼女たちへの教育やエンパワーメントへの支援のニーズが高いことを改めて実感しました。

明日4月25日で、ネパール地震からちょうど2年になります。
しかし、4月に発生した地震に対し、復興庁ができたのが翌年の1月というようなお国ですから、驚くことにと言うべきか、やはりと言うべきか、ネパールでの復興は遅々として進んでいませんでした。

 

2年が過ぎても、今にも倒壊しそうな建物、倒壊したままの建物が、まだまだ多くありました。当然のことながら、経済的にも厳しい状況が続きます。そして、社会的・経済的にも厳しいということは、女の子や女性たちにも大きなリスクが降りかかる可能性も高まります。

現地での女性たちの現状など、私が見聞きしてきたことやジョイセフの活動を、ここで皆様にも少しずつシェアしていきたいと思いますので、ご支援・応援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

新着情報一覧へ